ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画家が出版社の瀕死状態を暴露「今年は100億以上の赤字を出す」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『ブラックジャックによろしく』シリーズや『海猿』などの人気漫画を描いている漫画家・佐藤秀峰(さとう しゅうほう)先生が、出版業界の赤字事情を自身の公式ブログで暴露している。出版社名こそ出していないが、単なる予想ではなくリアルな数字まで出して書いているため、嘘が書かれているとは思えない。その内容は以下の通りである。

昨年、数十億円の赤字を出したある大手出版社は、漫画や活字、ファッション誌などを合わせて70誌程の雑誌を出しておりますが、その内、60誌以上の雑誌が赤字です。皆さんも名前を聞けばよくご存知のメジャーな雑誌が、年間10億とか15億の赤字を出しています。書籍を見ると、全書籍の売り上げのトップ10は、すべて漫画の単行本が占めており、今年はそのトップ10内に入っていた漫画作品のうち、3つが連載終了となっています。そして、それに替わるヒット作は出ていません。恐らく今年は100億以上の赤字を出すだろうと、業界内ではもっぱらの噂です
※佐藤秀峰先生のブログより引用

<インターネットでの声>
・出版社は社員の給料が高すぎてそのうち潰れそうだな
・ふつうの週刊誌と違って、漫画雑誌は単行本その他で儲けられるんでないの
・どこもJALみたいな会社が出てるんだなあ
・最近は漫画よりラノベの方が儲かるんじゃねーの? 雑誌より単行本の方が売れるし
・そろそろ探偵ファイルかgigazineがインタビュー申込む頃じゃないの?
・雑誌なんてジャンプ以外赤字で単行本を売ることで赤字を補ってるって
・ジャンプ以外どの雑誌も潰れる可能性はある
・要するにコロコロコミック最強ってことだな
・講談社って27で1200万位もらえるんじゃなかったっけ?
・赤字なら人件費を削るのが企業として当然なんだからまずは編集者の給料を下げろよ
・集英社は我が世の春を謳歌しとるだろ。ジャンプのメディアミックスが大成功
・なんだ、秋田書店にはなんの関係もない話か
・スクエニ出版部門は中間決算で23億ほどの営業利益

当編集部では以前にも『超大手出版社が経営危機で倒産へのカウントダウンか』という記事をお伝えした。また、記事として書いてはいないが「160人程度のスタッフを持つ大手出版社が、30名もの正社員(編集者)を解雇した」、「解雇されたスタッフが復讐のため糞尿を社内でまき散らした」という情報が入ってきていたのも事実。出版業界に氷河期の時代が訪れようとしているのは紛れもない事実だ。

佐藤先生はガジェット通信編集部にやってきたこともあり、編集部内のようすを漫画として描いてくださったこともある。記者の佐藤先生に対する印象でしかないが、非常に繊細で人に対する接し方が柔らかく、そして優しい(人の心を大切にする)人物のように感じた。これからの未来が、佐藤先生にとって、漫画界にとって、より良い未来であればいいのだが……。

写真: 佐藤秀峰 on Web

■最近の注目記事
漫画家が出版社の瀕死状態を暴露「今年は100億以上の赤字を出す」
ジャンプに漫画を持ち込みするも3秒で「うん帰っていいよ」
『ラブひな』や『ネギま!』の漫画家が「ネギまが終わる前に私が終わる」と弱音
ゲーム会社の電話対応に激怒! 態度が悪いと祭りに発展「運営が謝罪」電話対応
平井理央アナがエッチ過ぎる服装でインタビュー! 視聴者から抗議

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP