ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南足柄市のキャラ公募! 市民投票1位が12位に敗れる「商品化しやすいキャラを選んだ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

神奈川県南足柄市が “市のキャラクター” を一般人たちから公募したものの、人気投票で1位だったキャラクターが採用されず、12位のキャラクターが最優秀賞になった件をご存知だろうか? 人気投票で1位だったキャラクターのキンタローマンが最優秀賞になると誰もが信じて疑わなかったが、有識者たちの審査を通して発表された結果、人気投票で12位だったデフォルメされた金太郎タイプのキャラクターが最優秀賞に選ばれたという件である。

このことを知った人たちは「1位と2位が拮抗して話し合いの結果2位ならわかるが……。市民投票の意味ないだろ」とコメントしており、インターネット上でも大きな注目を集めている。確かに市民の声をまったく取り入れていないように感じる。1位を差し置いて12位が最優秀賞に選ばれたのだから当然だ。この件に関して当編集部は南足柄市の広報部に取材をし、お話をうかがった

記者  市民投票1位のキンタローマンが12位のキャラに敗れたそうですが。
広報  不採用ではなく、3作品を採用したので敗れてはいないですね。
記者  市民の声を無視しているとの声もあるのですが。
広報  それは誤解です。そんなことはありませんよ。
記者  なぜ、最優秀賞が市民投票1位のキャラにならなかったのですか?
広報  有識者たちで協議しまして、選考基準のひとつとして商品化しやすいキャラを選びました。
記者  有識者の声だけ取り入れ、市民の声は加味されていないのでは?
広報  採用した3作品は皆さんの声も取り入れた結果ですよ。
記者  ということはキンタローマンの商品化もありえると?
広報  もちろんです。シールやお菓子など、企業から要望があれば作りますよ。
記者  ということは、商品化しやすいキャラという点で最優秀賞が選ばれたわけですね。
広報  商品化しやすい、PR展開しやすいという点を加味して有識者たちで決めました。
記者  でも市民からすると、自分たちが投票して1位になった作品を最優秀賞にしたいのでは?
広報  キンタローマンが1位になった背景に、子どもたちの投票が多かったというのがあります。
記者  その影響で、子どもが好きそうなキャラが1位になったということでしょうか?
広報  そうですね。そこに有識者たちの意見を取り入れて審査した結果、3作品が選ばれました。

つまり、市民投票プラス有識者の意見というかたちで審査した結果、有識者の「広告や商品化に向いてない」という意見から、キンタローマンが最優秀賞に選ばれなかったことになる。商業ベースで考える事も大切かもしれないが、市民の意見が第一に通らなかったのはちょっと悲しいことである。この事に関してインターネット上の意見は以下の通り。

・なんだ出来レースか
・審査員センスなさすぎ
・市民の声が全く届いてないな
・こりゃキンタローマン以外選ぶ気なくなるわ
・キンタローマンって名前だけで勝てる
・キンタローマンの中身は実は女性
・投票1位でこんな奇抜なキャラ使えるなんておいしすぎるのに
・この中で選ぶなら間違いなくキンタローマンだろ。審査員の頭の中を見て見たい
・審査員の中に若い人はいなかったんだろうなあ
・足柄市は大チャンスを逃したと言わざるを得ない

インターネット上に書かれていた、「子どももこれで社会の仕組みをなんとなく理解しただろ」という書き込みが、大人の世界の悲しさを物語っている。理由はどうあれ、市民の声がいちばんに通らなかったのは事実だ。

■最近の注目記事
『ラブひな』や『ネギま!』の漫画家が「ネギまが終わる前に私が終わる」と弱音
エレクトーンで『テトリス』を操作しつつ演奏する動画! 人間が「処理落ち」する瞬間
ジャンプに漫画を持ち込みするも3秒で「うん帰っていいよ」
ゲーム会社の電話対応に激怒! 態度が悪いと祭りに発展「運営が謝罪」電話対応
平井理央アナがエッチ過ぎる服装でインタビュー! 視聴者から抗議

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP