ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一般女性が30日間レンタルで購入を判断!? 日産ソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』新企画『30DAYS with DAYZ』が進行中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2012年6月より『Facebook』などを活用したユーザー参加型のプロモーションを実施している日産自動車のソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』が、軽自動車『DAYZ』(デイズ)を一般女性7名に30日間無料レンタル、最終的に購入するかどうかイベントで決めるというガチ企画『30DAYS with DAYZ』を敢行。特設サイトでは参加者のプロフィールやムービーブログが公開されています。


日産が企画・開発・デザインから手がけた初の軽自動車『DAYZ』の価値を本気で伝えるために、編集長を務める放送作家の鈴木おさむさんが考案したという『30DAYS with DAYZ』では、7名の女性が毎日生活する中で『DAYZ』を乗りこなす様子に密着しムービーで紹介。

参加するのは、体育教師にしてアルティメット日本代表でもあるあきなさん、クルマなし家庭の新人ママ・あきみさん、「仕事が忙しく、休日は楽しく過ごしたい」というすみよさん、プロボディボーダーで現役女子大生のなおさん、家族で4台車を所有しているという専業主婦のひとみさん、「愛車は祖父の軽トラ」という消防士のめぐみさん、「セカンドカーの良さを知りたい」というゆかさん。

年齢・出身地・ライフスタイルがそれぞれ違う女性たちが、30日のレンタルの後に購入決定イベントで本当に購入するか最終的に決断をしてもらう、という内容になります。

鈴木編集長の快適な事務所カーのカスタマイズや、クルマによってモテることができるのか検証を行うなど、ユニークな視点で日産車の実力を探っている『にっちゃん』ですが、今回は「ある意味究極であり禁断の企画」(鈴木さん)、「関係者一同、期待と不安が日々高まっています」(担当者)とコメントするように、一般ユーザーの本音がダイレクトに現れるために、それが吉と出るか凶と出るかフタを開けてみないと分からないプロジェクトとなっています。


特設サイトでは、7名の購入意欲がグラフ化。ユーザーはプロフィールやムービー、ブログのエントリーなどを観て実際に『DAYZ』を購入するのは誰なのか予想して投票することができ、その予想も表示されています。

また、全ての予想が的中すると抽選で1名に『DAYZ』をプレゼントという太っ腹なキャンペーンを2013年11月13日10時まで実施中。「誰もが楽しく参加できる」というソーシャルならではの企画といえそう。

今後、第二弾となるムービーが2013年11月6日に公開、11月13日には鈴木編集長も出席した購入決断イベントが日産ギャラリーで開催予定。全員が購入という大団円を迎えるのか、誰も購入しないという結末になるのか、どちらも可能性があるだけに目が離せない展開となりそうです。

日産『30DAYS with DAYZ』
http://social.nissan.co.jp/CAMP/30DAYZ/

日産オフィシャル『Facebook』ページ
http://www.facebook.com/NissanJP[リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP