ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年内に逆走禁止に。自転車の法律はどう変わる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年間13万件以上発生し、全交通事故の約2割を占める自転車事故

自転車の交通事故は年間13万件以上も発生しており、全交通事故の約2割を占めています。それだけではなく、自転車対歩行者の事故は、この10年間で約1.5倍に増加しているようで、しかも、交通事故に関与した自転車運転者の5分の3以上に法令違反があるといわれています。

このような交通事故情勢下で、今年6月14日に改正道路交通法が公布されました。

右側の路側帯の走行は逆走に該当。年内には施行される

第一に、自転車が道路右側の路側帯を通行することが禁止されます。現在、自転車などの軽車両は、歩道のない道路の左側にある路側帯のみならず、右側にある路側帯を通行することも許されていますが、左側の路側帯しか通行できなくなり、自転車で右側の路側帯を走行することは、いわゆる逆走に該当することになるのです。違反した場合には「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」に処せられます。

第二に、ブレーキの効かない不良な自転車に対する警察官の指導が強化されます。警察官は、一定の安全基準を充足するブレーキを備えていないと判断される自転車を停止させて検査することができるようになり、整備不良であることが確認されれば、応急措置や運転の中止を命ずることができるようになります。警察官による停止や命令に従わなかったり、検査を拒否・妨害したりすると「5万円以下の罰金」に処せられます。

第三に、「信号無視」「遮断踏切立入り」「飲酒運転」などの危険な違反行為を繰り返す悪質な自転車運転者に対する講習制度が設けられます。受講命令に従わなかった場合は「5万円以下の罰金」に処せられます。

第一と第二の改正は今年12月13日までに、第三については来年6月13日までに施行されることになっています。

自転車は危険な乗り物。自転車保険への加入の検討も

自転車は手軽な健康スポーツ用具といえるだけでなく、東日本大震災の教訓からか、通勤などにもますます利用する人が増えているように思いますが、自転車といえども、ルールに従わずに乗っていると、他人を死傷させてしまう危険性があることは昨今のニュースでも明らかです。いつ、自分が被害者になり、あるいは加害者になるかもしれない極めて危険な乗り物であることを肝に銘じ、いざというときのために自転車保険への加入ということも真剣に考えないといけない時代に入ったといえるでしょう。

JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP