体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleは違法会社で、ヤフーは合法会社か?

takii

リスク承知で新しいものを生み出していく覚悟、なかなかもてないです。なかなかもてないからこそ大きな差が生まれるのでしょうね。今回は滝井秀典さんのブログ『滝井秀典 キーワードマーケティング・ブログ』からご寄稿いただきました。

Googleは違法会社で、ヤフーは合法会社か?
ヤフーの井上社長の記事が、日経ビジネスオンラインに掲載されていました。

「グーグル?すごいとは思わないね?」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20091222/211839/
『日経ビジネスONLINE』 2010年1月4日 ※閲覧には無料会員登録が必要

「インタレストマッチをどう考えているか」「米ヤフーのマイクロソフトとの提携に対する考え」などのところは、広告主には大いに関係のあるところで、読んでおいた方がいいと思います。

この記事の中で注目すべきポイントは、「グーグルのすごいは、いずれもグレーゾーンでは(法務的に)」と井上社長が苦言を呈しているところ。
———
検索連動広告は米ヤフーの真似だし、ストリートビューはすごいけど一種の「のぞき」。ブックサーチは著作権無視のコピーだ。YouTubeだって、違法の動画がトラフィックの多くを占めている」
———
※「グーグル?すごいとは思わないね?」『日経ビジネスONLINE』 2010年1月4日 より引用。

このへんのところですね。

さて、これからの日本は間違いなく訴訟社会になり、法務知識がビジネスマンにとっては、とても重要になるので、このポイントを私なりに解説しておきます。

このブログを読んでいる、ほとんどの人は、「法的にやってはいけないこと、やってよいこと」というのは、「事前に」決定していると勘違いしていると思いますが(以前の私もそうだった)、実際には違うのです。

実は、「何をもって”法律違反か”」を判断するのは、「最終的に訴訟で争って、裁判官が判断を下した瞬間」なのです。

なので、「だれがどうみたって違法行為」と思われるようなことも、裁判所で、「違法ではない」と判断されると、それは違法行為ではなくなります。

例えば、2004年に、『Google』は米大手保険会社の『Geico』に訴訟を起こされました。『Google』で『Geico』という商標を取った会社名を使って検索すると、結果のなかにライバルの広告が表示される。これは商標の侵害にあたるとして、GeicoがGoogleを訴えたわけです。

フツーに考えれば、『Google』は負けそうですね。でも、バージニア東部連邦地方裁はこれは違法ではない、と判断しました。だから違法ではないのです。

これは逆の視点もあって、「今まで合法とされてきたことが、突然、違法行為、と裁判所で言われて違法になる」というパターンもあります。このパターンで、2兆円の市場が生まれたのが、最高裁のグレーゾーン金利違法判決による、『過払いビジネス』です。

先の『Google』の商標の件も、他の企業が同じケースで訴えて、他の裁判所で、「いままで合法だったけどこれからは違法にするから」という風になることもあるわけです。

さらに言うと、「明らかに法律違反だけど、和解金を支払うことによって、自分のビジネスにしてしまう」というパターンもあります。

例えば、『GoTo.com』という会社が1997年にアメリカで設立されました。この会社は、今で言う『キーワード広告』の仕組みを考え、特許を取りました。

『Google』は、2000年に、この『GoTo.com』の『キーワード広告』の仕組みと同じものをつくり、検索連動型広告を出すことによって、売上、利益を出すようになりました。これが現在の『Googleアドワーズ』です。

で、この『Googleアドワーズ』は、『GoTo.com』から、「特許違反だ」と訴えられたわけです。

どうも裁判の判断も違反となりそうだったのか、『Google』は、和解金を支払うことを提示して、『GoTo.com』がこれを受け入れて、和解成立となりました。値段にして約270億円。現在、2兆円近い売上のうち、97%がキーワード広告経由、という『Google』にしてみれば、この和解金の費用は極めて安い投資だった、といえるでしょうね。

この和解が成立していなければ、今の『Google』はありません。『GoTo.com』とは、現在の『オーバーチュア(ヤフーリスティング)』です。資本主義というのは「トラブルをお金で解決できる」社会なので、こういう芸当も可能になってしまいます。これを倫理的にどう思うか、は人それぞれでしょうけれども。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会