ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロシアで聖火リレー中の火が消えるハプニング その時ロシア人が点火に使ったのは……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


来年2月に開催予定のソチオリンピックに向けてリレー中の聖火が6日、モスクワに到着。赤の広場ではプーチン大統領も出席して歓迎式典が行われ、聖火リレーが開始されました。が、その直後にハプニング発生!

なんと男性ランナーが掲げるトーチの聖火が消えてしまったのだ。さらに驚くべきは、近くにいたスタッフがトーチを再点火するために取った行動。手にした普通のライターでトーチに再点火したのです。ええーっ、そんなのアリ!?

本来、トーチの火が消えてしまった場合には、随伴させている種火を使って再点火するという“建前”があるはず(実際、長野やロンドンではそうやっていました)。そもそも聖火ってのは文字通り聖なる火で、その神聖さを演出するために、わざわざ神殿で巫女のコスプレをした女性が太陽の熱から採火する儀式を行っているのだと思っていましたが……。

開催が半年後に迫っているというのに、いまだにオリンピックスタジアムや周辺設備も完成していない、ロシアらしいテキトーさを垣間見ることができるハプニング動画でした。

画像:YouTubeより引用

動画(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=f5M5lBpHahY

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP