体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『凶悪』白石和彌監督インタビュー「失われた骨太な日本映画を取り戻す」

『凶悪』白石監督

一人の雑誌ジャーナリストが、警察も知らない事件を死刑囚の告発を頼りに明るみに出し、首謀者逮捕に至らせたという実在の凶悪殺人事件を題材とした映画『凶悪』。山田孝之さん、ピエール瀧さん、リリー・フランキーさんが共演する話題の今年最大の衝撃作です。

『凶悪』はある死刑囚の、「自分は死刑判決を受けた事件の他に、誰にも話していない3つの殺人に関わっています。そのすべての首謀者は、自分が先生と呼んでいた男です。そいつが娑婆でのうのうと生きているのが許せない、この話を記事にしてもらい、先生を追いつめたい」という突然の告白を元に、ひとりの雑誌記者が警察も知らなかった凶悪事件を暴いたノンフィクションの映画化。

メガホンを取るのは、反体制的視点から日本社会にメスを入れ続けた唯一無二の映画監督、若松孝二に師事した若松プロダクション出身の映画監督、白石和彌監督。実在の凶悪殺人事件の真相を描くとともに、内在する日本の社会問題をもあぶり出します。今回ガジェット通信では白石監督にインタビューを慣行。色々とお話を伺ってきました。

凶悪

――この『凶悪』という映画は公開が決まった時からとても大きな話題となっていましたが、監督に起用されたきっけけはどんな事だったのでしょうか。

白石和彌監督(以下、白石):事件の事はニュースで見ていて知っていたんですが、2年ほど前に赤城さんというプロデューサーと知り合って「エンターテインメントでありながら、社会性が色濃く出た骨太な作品を作りたい」という話になったんですね。

それで色々とアイデア出しなどをしてる中で赤城さんから「実はこの本を映画化したいんです」と、新潮 45 編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を渡されて。「あ、この事件か」とはすぐ分かったのですが、あまりにも劇的で面白いというか……。これを映画化するのは難易度が高いなと思いました。でも、素直な気持ちでは面白いと。それで挑戦する事に。

――実在の事件を映像化するというのはそれだけで気を遣う作業なのに、本作は特にパワーが必要というか、監督すごく疲れたのでは……?

白石:疲れましたね(笑)。疲れるんですよ、殺人シーン撮るのって。しかも、若者が若者を殺すのならまだしも、この作品では老人達をたくさん殺さないといけないんで、怪我しない様に気を遣ったり、色々ありながら体力使いましたね。

――原作と意識して変えた部分を教えてください。

白石:記者が取材して、その取材結果が基で警察が動いて実際に逮捕されたという過程だけ書くと“ヒーロー物”っぽいというか、正義感あふれる優秀な記者が一人いました、っていうだけの話になっちゃうので、それはつまらないなと。主人公の藤井という記者に僕たちが何を託せて、観客に何を持って帰ってもらえるかを考えなければと思って。脚本を書いている時間はほぼそれを探す時間でした。

――なるほど、監督は藤井を通して観客にメッセージを伝えた。

白石:一つ事件が起きたら色々な媒体者が取材に行ってスクープを取ろうとしますよね。でもスクープなんていつもあるわけじゃないから、視聴率とか購買数を増やす為にお客さんが楽しんでくれる見出しをつけたり、記事を書いたり、エンタメ化していくわけですよね。僕はその事を普段から「何事だ」と思っていて。

なので、この作品、藤井という記者を通して“マスコミ論”じゃないですけど、マスコミのあり方を問題提起しようよって脚本家と話していて。でもそんな作業の中で「でも俺らがやっているのって事件のエンタメ化だよね」って気付いて。

――ジレンマを感じていたわけですね。

白石:そう、まさにジレンマですね。この映画とは関係無いけど、数年前からスタートした「裁判員裁判」に興味があって色々調べていると、刑が厳罰化している様にしか思えないんですよね。無期懲役が妥当な裁判であって死刑が下されるとか。事件に全く関係の無い一般の人を法廷に巻き込んで、「より公平な裁判をしよう」って始めた割には、刑厳罰してるじゃんって。じゃあ人間の懲罰感情って何なんだろうって思って。藤井も正義という名の基で動いている懲罰感情が暴走しているわけで。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。