体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「旅のしおり」のつくりかた

生活・趣味

今回はまみぺこさんのブログ『はぁはぁブログ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://gdgdtrip.jp/?p=1010をごらんください。

「旅のしおり」のつくりかた

「ぼくの生まれた北海道へつれて行きたい」
「北海道のことを好きになってほしい」

恋人にそういわれたときから、とにかく旅行が楽しみでしかたなくて「旅のしおり」をつくってみました。

「旅のしおりのつくりかた」なんてタイトルにしましたがデザインのハウツーではなく、きもちの話をしますね。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2013/09/2.jpg

大人になるとだれもつくってくれない

大人になると「さぁ旅行へ行こう」となっても「旅のしおり」なんてだれもつくってくれませんよね。

学校の旅行には「修学旅行のしおり」が必ずあったけれどいじめられっ子だった私は、修学旅行なんてぜんぜん楽しみじゃなかったから、ぎっしりつまったスケジュールをみて「うっ」となっていた記憶があります。

でも、それでも「旅行」と「旅のしおり」というセットは私のなかに、趣のあるものとしてしっかり心に刻まれていて、当時はぜんぜんときめかなかった「旅のしおり」だけれど、大人になった今こそ、恋人とのはじめての北海道旅行にむけて
めいいっぱいときめく予定をつめこんでつくってみたいな、と思ったのでした。

「旅のしおり」のつくりかた

「みんなでお寿司を食べに行こうよ」
「おともだちと海鮮どんぶりを食べたい」
「ノルベサの観覧車にものりたいな」
「ぼくの母校の北海道大学をお散歩したい」

まずはふたりで「旅行でしたいこと」をゆっくりおはなしする夜があって、そのあとふたりで共有しているDropboxの『北海道旅行』のフォルダにmemo.txtをつくってどんどんテキストにおこしていきました。
それをもとに私がIllustratorでデザインをつくってsample.jpgをいれて。

「しおりのサイズは?」
「A5!」
「いいねいいね」
「もちものリストでしょ、それからスケジュール」
「おみやげリストもね」
「そうだ、ふたりの手書きの字のメッセージものせようよ」

うんうん、こういうのがもう楽しい。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2013/09/3.jpg

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2013/09/4.jpg

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会