体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誕生から3年!! 米ドワンゴ創業者が語る『ニコニコ動画』とは?

ニコニコ動画3周年記念特別放送

『ニコニコ生放送』にて12月10日、11日と2夜連続で『ニコニコ動画3 周年記念特別企画! ~米ドワンゴ創業者がパスタと一緒に語る夕べ~』が放送された。イタリア料理研究家のジュリアーノ・ハザン氏が調理を担当し、厳選された食材と素晴らしいワインに参加者一同が猛烈な勢いで酔っ払う内容で、いかにも『ニコニコ動画』らしいお祭り感のある放送となった。今回は放送を振り返りつつ、出演者の一人であり米ドワンゴの創業者でもあるロバート・E・ハントレー氏のインタビューをお届けする。

メガネさん

初日は出演予定のあったひろゆき氏が体調不良とのことで、メガネさん・ジェイムス氏(通訳も兼任)を司会に放送スタート! パスタ生地の作成からトルッテリーニ(豚肉・鶏肉をペースト状にし、生地で包んだ一口大のパスタ)を紹介。放送終了後には現場スタッフにも振舞われ大好評。肉の旨みがモチモチとした生パスタの食感と共に広がる素敵な味でした。

ドワンゴ川上会長も見学に

続いて行われた2日目の放送では前日のお二人に加え、ドワンゴ取締役の夏野剛氏、また相変わらず風邪気味のひろゆき氏も参加。(夏野氏は放送途中から) 「人にうつせば風邪は治る」と周囲に嫌がらせを行うひろゆき氏や、更にはドワンゴ会長でありロバート氏とは旧知の仲でもある川上量生氏が見学に訪れ、現場は放送前から活気づいた。2日目の料理はチーズの盛り合わせから始まり、レモンのフェットチーネ、黒トリュフのタリオリーニ、スパゲティ・カルボナーラ、デザートと盛り沢山。更にはユーザーアンケートが行われ、ロブスターとアスパラガスのリングイネも振舞われた。

出演者全員で乾杯をする一幕も

しかし初日よりも参加者が増えたことによる効果か、2日目はワイン消費のペースが早い。猛烈に早い。調理をするハザン氏・ロバート氏を他所にワインで盛り上がる面々には、ユーザーコメントからもツッコミが連発。こんなやりとりが垣間見えるのも『ニコニコ動画』ならでは。ちなみに裏方のスタッフさん達は、そんな頃も一生懸命頑張っていたのでした。

美味しい料理とお酒が振舞われた

放送の後半からは完成した料理を食べつつ、ドワンゴ創業当時の裏話が……と行くのかと思いきや、既に陽気な面々は色々な話に花を咲かせてしまう。最終的には夏野氏がiPhoneを使ったパーティーゲームを開始。ゲームに負けるとお酒をあおる展開に誰も逆らうことができないのか? と思われた矢先、狙ったかのようにiPhoneアプリがフリーズし強制終了。これがオチとなって生放送は閉幕したのでした。

参加者の多くが酔っ払う展開になるも、キレイに終わって一段落。……しかし大事なことを忘れているような。そう、もう一つのテーマである『ドワンゴ創業当時の裏話』がスッポリと抜けているのだ。幸いなことに、ガジェット通信はロバート氏へのインタビュー許可をもらっていたため、放送に代わってその話をお伝えしたい。

1 2 3次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。