ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2年前の感動ふたたび! 劇場版 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』初日舞台挨拶レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


8月31日、新宿バルト9にて劇場版 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の初日舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には超平和バスターズの6人、宿海仁太役の入野自由さん、本間芽衣子役の茅野愛衣さん、安城鳴子役の戸松遥さん、松雪 集役の櫻井孝宏さん、鶴見知利子役の早見沙織さん、久川鉄道役の近藤孝行さんが登壇し、公開初日の気持ちなどを語った。


『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、2011年にフジテレビノイタミナにて放送されたオリジナルアニメ。2年前のテレビアニメ以来となる劇場版での再会について、入野さんは「再びあの花の世界に参加できてうれしいです。2年前を懐かしく思ったり、新しく収録した部分があったり、古さと新しさが絶妙な感じがしています」とコメントした。茅野さんは「めんまは2年前からそのままなのですが、久しぶりな感じがします。また時間が戻ったようでうれしいです」とコメントした。戸松さんは「2年前ですがすごく懐かしいです。鳴子は髪を下ろしているところが変わっていたり、相変わらずのところもあったりしますが、再会出来て嬉しいです」とコメントした。櫻井さんは「1年間、成長・経験して変化してきましたが、ゆきあつは相変わらず笑わせてくれます。そんなゆきあつを見守っていただければと思います」とコメントした。早見さんは「つるこは、ゆきあつとは違った変化をしています。特にゆきあつとの関係は「おおー?」っというような感じなのでお楽しみに」とコメントした。近藤さんは「関係性に変化があったりする中、恋愛関係で蚊帳の外のぽっぽに注目してください!」とそれぞれコメントした。

劇場版 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は8月31日より、新宿バルト9他にて全国ロードショー。

イントロダクション

300万人の心を掴んだ
ちょっと不思議な、ひと夏の感動の物語

少年少女6人が抱える葛藤を描いた本作は、見るものすべての心を掴み
その感動は世代性別を超えて瞬く間に広がり、「あの花」現象を生み出した。

なぜ、こんなにも愛されるのか?
なぜ、こんなにも心を掴むのか?

ここには、忘れてしまった大切な事が描かれている。

そして、2013年夏。再びあの感動が激情に。

スタッフ・キャスト


■CAST
宿海仁太:入野自由
本間芽衣子:茅野愛衣
安城鳴子:戸松遥
松雪 集:櫻井孝宏
鶴見知利子:早見沙織
久川鉄道:近藤孝行

■STAFF
原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
演出:吉岡 忍
アートディレクター:石垣努
美術:福島孝喜
プロップデザイン:冷水由紀絵
色彩設計:中島和子
編集:西山 茂
CG・撮影監督:森山博幸
音響監督:明田川 仁
音楽:REMEDIOS 
アニメーション制作:A-1 Pictures
制作:「あの花」製作委員会
配給:アニプレックス

劇場版 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』公式サイト
http://www.anohana.jp/
(C)ANOHANA PROJECT

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP