ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

イタリアでケータイを契約する方法! 簡単ネットアクセスで通信料節約!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
iwind

日本のケータイをそのまま海外で使用すると信じられないほどの通信料金を請求される場合がある。特にiPhoneはソフトバンクの店員ですら「海外で使わないことを強くオススメします」(ソフトバンク表参道店)というくらい恐ろしく、メールやネットなど何もしていなくても、ちょくちょくiPhoneが日本とデータの更新をバックグラウンドでしているらしく、知らないうちに使用料金が増えていくらしいのだ。

iPhoneに限らず、日本のキャリア(ドコモ、ソフトバンク、auなど)を海外で使うと従来の何倍もの使用料金がかかり、「もう一回海外旅行に行けるのでは?」と思えるほどの請求額がやってくることがある。では、そんな状況を回避しつつ海外でもケータイやインターネットを手軽にするにはどうすればいいのか? それは、海外で海外のキャリアと契約すればいいのだ(この先、知っている方にはあまりにも当然な話になるので興味ある人だけお読みいただきたい)。

日本でも外国人はプリペイドケータイ(プリペイドSIMカード)を入手して通話やメールをすることができるが、日本人が海外に行ったときに同じことをすればいいのである。では、イタリアでの契約方法をお伝えしよう。イタリアでは、外国人でも現地人でも関係なく次の方法でケータイの契約ができる。

パスポートを店頭に持って行き、店員に渡してコピーをしてもらう。自分が世界中で使用できるSIMロックのかかっていないケータイがあれば、あとは新SIMカードを買うだけ(SIMロックがかかっているケータイしかない場合は、その場でケータイを買うこともできる)。ちなみに、日本で普通に売られているケータイはすべてSIMロックがかかっている。

では、イタリアのキャリアのひとつ、I WIND の契約ケースをお伝えする。I WIND では新SIMカードを20ユーロで販売しており、そのうち5ユーロ分を通話や通信費として使用できる。パスポートとお金さえあれば、3分で契約完了だ。イタリアにおいて、少なくともI WIND においてはプリペイドと通常契約を分けておらず(そもそも通常契約しかない)、イタリア人も日本人も身分証明証とお金だけですぐに新SIMカードを入手できる。

この時点で、あなたはイタリアにケータイの電話番号を持ったことになり、日本の友人や家族に連絡先として伝えれば、今後はその新SIMカードが入ったケータイに電話をかけてもらうことができる。しかしながら、新SIMカードだけでは十分にインターネットや通話ができない。となれば、オプションプランを追加してもらおう。

オプションプランには、時間制限と容量制限の2プランがあり、50時間接続できるプランや、450メガまで送受信できるプランがある。メールしかしない人は長く使えるように容量プランがいいかもしれない。短期間の旅行でガンガンいろいろとダウンロードしたりサイトを見るという人は、時間プランにするといいだろう。

<I WIND 契約プラン>
インターネット50時間接続プラン …… 9ユーロ
インターネット100時間接続プラン …… 15ユーロ
インターネット450メガ接続プラン …… 8ユーロ
インターネット2.5ギガ接続プラン …… 20ユーロ
インターネット4.5ギガ接続プラン …… 30ユーロ

パスポートを渡してコピーされ、契約プランを決めてお金を払う。最後にサインを書いてイタリアでケータイデビュー完了だ。この契約は早くて3分で完了するものの、新SIMカードがI WIND本部に認識されるまでに時間がかかるため、夜に契約した場合は翌朝まで新SIMカードを使用できない場合がある。店員によると「夜に契約した場合は翌朝には使えるようになるはずなので、昼くらいまでようすを見て欲しい」とのこと。昼間に契約をすると、どんなに遅くとも2~3時間で使えるようになるという。

さて、契約が終わると新SIMカードを渡される。渡された時点ではテレフォンカードのような形状のプラスチックカードになっているので、そこから新SIMカードを外してケータイに装着。ケータイにはSIMパスワードがかかっているので、プラスチックカードの裏面にあるスクラッチを削り、PIN(パスワード)の4ケタを記入してSIMパスワードを解除しよう。一定数間違うとSIMパスワードに更なるロックがかかってしまうので、今度はPUKパスワードを記入してロックを解除しなくてはならない。PUKパスワードもプラスチックカードのスクラッチ部分に記入されているので、今度は間違わずに入力しよう。

また、この新SIMカードは「SimWind 64k」というタイプのもので、高速ではないものの、インターネットのリアルタイム通信が可能と思われる。この新SIMカードを通信機器に挿入し、パソコンにUSB等で接続してインターネットをすることもできるのである(ケータイを直接パソコンに接続して通信をすることもできるという)。

編集部では検証のため、タイで購入したモトローラーのケータイとSIMロックのかかっていないiPhoneで試したが、問題なく I WIND の新SIMカードが使用できた。ただし、SIMロックがかかっているのに無理矢理SIMロックを解除したiPhoneは反応しない場合があるのでご注意を。また、あくまで編集部で検証しただけであり、完全なる稼動は約束できない。

いろいろとややこしいことを話してきたが、簡単に言えば20ユーロを払ってイタリアで新SIMカードを手に入れれば、待ち受けだけなら十分に使用できるということである。数日間の旅行でケータイ代が数万円になって困ってる! という人ほど、渡航先で契約してみてはいかがだろうか? 手間があるとしても、契約した電話番号を日本の人たちに伝えることくらいなのだから。

■最近の注目記事
マスコミが報じず! イラクでの自衛隊の映像が『ニコニコ動画』で注目
水の都・ヴェネチアのゲームショップはニンテンドーDSとPSPがメイン
フランスのオタクショップに行ってみた! 人気はハルヒと意外なアレ
イギリスの中古ゲームショップ「PSPgoは中古でも売れない」
ドイツのゲームショップに突撃取材! やっぱりXbox360が最強なの?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。