ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イタリアのキオスクで日本の漫画が大人気!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本では定番の駅の売店・キオスクだが、イタリアにもキオスクがある。イタリアと日本のキオスクは売られているものも似ており、ジュースやお菓子、パン、新聞、雑誌、漫画などがメインの品物となっている。しかしイタリアには日本のキオスクにあるような、オヤジ向けエロ小説はないようだ。

そんなイタリアのキオスクだが、なんと日本の漫画の単行本が売られているのだ。日本の単行本よりも1/3程度の内容量で売られており、紙質も良いとはいえないが、その分、お手ごろな低価格で売られている。つまり、サッと読んでポイッとできるもののようだ。ということで、イタリアのローマ駅とナポリ駅のキオスクをチェック! どんな漫画が人気なのか見たり聞いたりしてみたぞ!

ローマとナポリ、どちらのキオスクにもあったのが、『NANA』(集英社)と『名探偵コナン』(小学館)だ。もちろんイタリア語に翻訳されており、イタリア人でもわかる内容になっている。記者がたどたどしい英語で店員に聞いてみたところ、「人気の漫画? うーん、『ワンピース』じゃねえか? 俺は読んだことないけど売れてるよ」と言っていた(多分)。

イタリアの本屋でもけっこう日本の漫画は売られており、“日本の漫画” というジャンルとして人気があるようである。しかし、イタリアを舞台にした漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第五部』を見つけることはできなかった。イタリアでも売られているはずなのだが、イタリア人にとって不可解なのだろうか?

フランスは漫画などの日本文化が浸透していると言われているが、イタリアも段々と日本文化が浸透しつつあるのかもしれない。水の都・ヴェネチア、歴史の眠る街・ローマ、魅惑のグルメ都市・ナポリ、観光ついでに日本文化を探してみるのも楽しいかもしれない。

■最近の注目記事
イタリアのキオスクで日本の漫画が大人気!!
水の都・ヴェネチアのゲームショップはニンテンドーDSとPSPがメイン
フランスのオタクショップに行ってみた! 人気はハルヒと意外なアレ
イギリスの中古ゲームショップ「PSPgoは中古でも売れない」
ドイツのゲームショップに突撃取材! やっぱりXbox360が最強なの?

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP