体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリスの中古ゲームショップ「PSPgoは中古でも売れない」

gameng2

イギリスはドイツやオランダに比べて、日本のようなゲームショップやゲーム売り場が多数存在している。ドイツでもサターンというデパートが大規模なゲーム売り場を展開しているが、イギリスのゲームショップの多さと規模にはかなわない。イギリスでは3つの形式のゲームショップが存在する。デパートのゲーム売り場、ゲーム専門店、家電中古販売店の3つだ。

家電中古販売店は質屋をかねている場合があり、ゲームだけでなくテレビや音楽プレイヤー、携帯電話なども一緒に販売していることがある。ゲーム専門店には新品だけを扱っているところもあれば、中古ゲームも扱っているところもあるという。実際にどんな雰囲気なのか? イギリスはどのハードのゲームが人気なのか? 実際に行って確かめてみることにした。

取材班が向かったのは、イギリス・ロンドンの中心部にほど近いオックスフォードストリート。この付近は携帯電話ショップや家電店が多く、クリスマスシーズンということもあって多くの人たちで賑わっていた。そんなオックスフォード通りから少し外れた人通りが少ない道に『コンピューター・エクスチェンジ』(Computer Exchange)があった。『コンピューター・エクスチェンジ』は中古ゲームや電気機器を買い取る店の代名詞になっているらしく、数多くの『コンピューター・エクスチェンジ』がロンドンにあるという。

gameng71

この『コンピューター・エクスチェンジ』で売られているものはゲームソフトやハードが9割ほどで、残りは携帯電話やカメラなどだった。販売されているゲームソフトの比率を調べてみると、いちばん多いのはXbox360で、次に多いのがPS3、そして任天堂関連商品がいちばん少ないという状況だったのだが……。スウェーデンやドイツ、オランダではWiiやニンテンドーDSのソフトがそこそこ広いスペースをとっていたので(少なくともPS3と同じくらいのスペースがあったので)、まさかイギリスで任天堂の陳列スペースが最下位になるとは思わなかった。

gameng1

店内には数多くのゲームソフトが並んでいるが、けっこうコンスタントに客が訪れてゲームを購入していた。ゲームソフトやハードが北米やアジアよりも高額なイギリスにおいては、中古ソフトを購入してできるだけ安く買おうとする人が多いらしい。特にカーレースゲームやアクションゲームが人気のようだ。では、ゲームソフトの買取価格と販売価格にはどれくらいの差があるのだろうか? いくつかの買取価格を紹介しよう。1ポンド145円で計算すると日本円の価格となる。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会