ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒントを調べて地図にピンを打て! 『FORESTER LIVE』の77777キロ到達地点を予想して世界2周旅行を当てるキャンペーン実施中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世界5大陸、10万キロの走破を目指してSUBARUのSUV『フォレスター』で旅する企画『FORESTER LIVE』。オーストラリア大陸、ユーラシア大陸のヨーロッパ地域、アフリカ大陸、南米大陸を旅した『フォレスター』は、8月中旬から北米大陸の走行を予定しています。SUBARUはこの北米大陸の走行中に到達する77777キロ地点がどこかをユーザーが予想するキャンペーンを実施中。豪華賞品も魅力的ですが、ヒントを基に予想する推理ゲームも楽しそうですよ。

北米大陸上陸前のこれまでの走行距離は6万8586キロ。北米大陸を走行するルートを想像して、出発から9191キロ走った地点がどこになるかを予想すればよいわけですね……ってこれだけじゃわかんないよっ!


キャンペーンサイトには手がかりとして、北米ではフロリダ半島から走行を開始すると書いてあります。『Twitter』で『FORESTER LIVE』公式アカウント(@forester_live)をフォローすると、1日1回発表される手がかりを入手できるので、早速フォローすべし。


世界各地での『フォレスター』の走行性能を動画で見られる“実証映像”にも、手がかりが用意されています。『Twitter』でもどの実装映像に手がかりを公開したかが発表されるので、実証映像も随時チェックしてみましょう。


77777キロ地点が予想できたら、『Twitter』の『FORESTER LIVE』公式アカウントをフォロー後に自身の『Twitter』アカウントでキャンペーンページにログイン。地図上にピンを打つことができます。執筆時点では3600本以上のピンが打たれていましたが、参加者の予想は見事にバラバラ……。手がかりを見て、もう少し考えてみることにします。8月12日23時59分までの応募期間中、ピンの位置は何回でも変更できるので、カンを頼りにとりあえず打って、後から精度を高めていくのもよいでしょう。


77777キロ地点に最も近い予想をした1位の人には世界2周旅行をプレゼント。2位は松阪牛7.7キロ、3位は京都7つの世界遺産めぐりの旅といった豪華賞品、4位以下にも読者の皆さんが欲しくなりそうなガジェットの数々が賞品にラインアップされています。9~76位の68名には、SUBARUの安全技術『アイサイト』の機能を再現した『ぶつからない!? ミニカー』が。計77名に太っ腹なプレゼントが用意されているので、予想を楽しんで賞品もゲットしてしまいましょう。

77777キロ地点を当てろ!プレゼントキャンペーン(FORESTER LIVE)
http://foresterlive.com/77777/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP