ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『記者会見オープン化』(2013年8月1日)政治について取材するということの現状

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

政治について取材するということ

現在ガジェット通信では、政治についての報道を、「より早く、より正確に伝えられるように」各府省での記者会見の取材*を少しずつ始めています。「知りたいことを知るため」「より多くの“知りたい人”へ発信するため」自分たちの目や耳で確認できるような報道を目指しています。

*参考記事

[森まさこ大臣定例会見(7月30日)【少子化対策】「地域ごとの状況の違いにフィットした支援策を」]2013年07月30日『ガジェット通信』

記者会見オープン化

そこで今回、現状では各府省の『記者会見』の取材がどれほど可能なのか「記者会見オープン化」2010年3月30日『Wikipedia』をもとに調べてみました。

民主党・鳩山政権時代に公約として掲げられていた『記者会見オープン化』2010年の状況を、当時の総務省が調査し、段階でABCDに分類した表が公開されています。

各府省の記者会見のオープン化の状況についての調査結果(2010年当時)

A:フリーランス記者等も、一定の手続を経て、質問権を持って参加できる 14件
B:フリーランス記者等も、質問権はないけれども、一定の手続を経て参加できる 4件
C:日本新聞協会加盟社の記者等は、一定の手続を経て参加できる 3件
D:記者クラブ加盟社の記者のみ参加できる 3件

こちらに対して現状

各府省の記者会見のオープン化の状況についての調査結果(2013年現状)

A:フリーランス記者等も、一定の手続を経て、質問権を持って参加できる 16件
B:フリーランス記者等も、質問権はないけれども、一定の手続を経て参加できる 0件
C:日本新聞協会加盟社の記者等は、一定の手続を経て参加できる 3件
D:記者クラブ加盟社の記者のみ参加できる 1件

※2つの表の合計件数の違いは、担当大臣の兼務により、他府省の会見が同時に開かれるなどの違いによるものです。また、2011年より新たに『復興庁』が設置されています。

「各府省の記者会見のオープン化の状況についての調査結果(2013年8月1日現在)」『ガジェット通信』

まとめ

2010年当時からくらべて「取材できる会見も増え、質問できる機会も増えている」という印象も受けますが、実際のところ「取材できないところについては、相変わらずできない状態のまま」とも考えられます。各府省によって参加条件や参加方法も違い、統一されていない状態であり、手続きについても煩雑さを感じ、分類はAであっても、ほとんどが『条件付きA』という表現の方が正しいのではないでしょうか。

2010年当時より現在に至ってもなお、国会の“院内でおこなわれる会見”については、「国会記者章を保有している記者のみが取材可能」であり、その「国会記者章の入手方法」すら、「国が管理している」のではなく「記者クラブが関与」しており、不明瞭な状態です。

民主党政権でなくなった今『国民の知る権利』を確保するために『記者会見フルオープン化』への障害をどのように解消するのか、課題は多く残ったままです。

参考記事

「【なぞなぞ霞ヶ関】数100メートルが遠い……国会議事堂内で取材できないのはどうして?」2012年03月06日『ガジェット通信』

Koizumiの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP