体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モゲラプロジェクト】Flashゲームクリエーターインタビュー powered by 0stage 第9回:ババラ(後編)

未来検索ブラジルはウェブゲームと、その作者であるクリエーターを紹介し、サポートしていく新サービス『モゲラ』をリリースします。詳細はガジェット通信でお知らせしていきますので、続報をお待ちください。『モゲラ』のリリースを記念してお送りするFlashゲームクリエーターへのインタビュー第9弾は、ババラさんの最終回。お勧めゲームや今後の制作活動について語っていただきます。(編集:未来検索ブラジル、インタビュー・写真:0satage 星野健一)

クリエーター:
ババラ
『BABARAGEO』(http://babarageo.com/)で作品を発表するクリエーター。ドット絵をフィーチャーした、レトロゲーム調の作風が特徴。アクションRPGの『ゼノレダ』やシューティングゲーム『ウチューフォース』で注目を集め、2007年に発表したアクションRPG『太くて長いオレの○○○』、2008年に発表した続編『太くて長いオレの○○2』を世界的にヒットさせた。

前編はこちら/中編はこちら

■ネーミングもお勧め要素
星野 ババラさんがイチ押しのコンテンツを挙げるとすれば、何でしょう?
ババラ 自分のですか?
ないんだよね(笑)。
本当は『ゾークロン』はすごい創りたくてたまんないんだけど。

星野 なんで手が付かないんでしょうね?

ババラ なんででしょうね。
時間かけて創りたいと思っているのかもしれない。
Apple版の『Ultima』の画面がとても好きで、それ風に創っているんですけど、「みんなに遊んでほしい」というよりは「好きなように創りたい」という感じで。

星野 なるほど。ほかにはどうですか?

ババラ 「これはやった!」という手応えがあったのは『ボシュボス』。
タイトルはボスを募集するから『ボシュボス』。
で、この英語のスペルを考えたときに「勝った」と思って(笑)。
このスペルがカッコよくないっすか。

星野 今、どういうリアクションをするか迷ってるんですけど(笑)。
スペルはえっと、ポルシェっぽくてカッコいいですよね(笑) 。

ババラ 外人にウケると思うんですよね。
ウチューフォース』の「UCHU」とか外人は読めないみたいで、「ゲームは面白いけどタイトルなにこれ」みたいなコメント書かれたりしてたんですよ。

星野 『ボシュボス』は素直に読んでくれている?

ババラ 素直に読んでくれていますね。
なので、やったな、と。

星野太くて長いオレの○○2』の英語タイトル『GINORMO SWORD』とかはどうですか?

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy