ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『北斗の拳』のラオウ役、『鋼の錬金術師』のアームストロング役の声優・内海賢二さん死去

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月13日、『北斗の拳』のラオウ役などで知られる声優の内海賢二さんが死去した。75歳だった。
これまでに演じてこられたキャラは、『魔法使いサリー』のパパ役をはじめ『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻千兵衛、『プロゴルファー猿』のミスターX役など枚挙にいとまがない。
最近では、『はじめの一歩』の鴨川会長役や『鋼の錬金術師』のアームストロング役などでもおなじみであった。
奥様は同じく声優の野村道子さんで、先代の『ドラえもん』のしずかちゃん役や『サザエさん』のワカメちゃん役として知られる。
内海さんは1984年に声優プロダクションである『賢プロダクション』(賢プロ)を設立、現在では多数の有名声優を抱える大手事務所となっている。現在は会長で、息子の内海賢太郎さんが社長に就いていた。

その賢プロのホームページには

訃報(2013/06/13)
弊社会長であり 所属俳優 内海賢二 が平成25年6月13日永眠いたしました。(享年75)
ここに哀悼の意を表し、皆様へのご報告と生前のご愛顧を感謝いたします。

という文がアップされている。

『鋼の錬金術師』の作者である荒川弘先生が現在少年サンデーで連載中の『銀の匙』はアニメ化され7月より放映予定である。作品中には『鋼の錬金術師』のアームストロングを彷彿とさせる『轟先生』なるキャラが登場、その役は内海さんが演じることが発表されていただけに、突然の訃報に驚きを禁じ得ない。
ご冥福をお祈り申し上げます。

※画像は賢プロダクションのサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP