ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Walletの拠点国を変更すれば米国のGoogle Playストアにアクセスできる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年3月頃、Google Playストアの接続先がIPアドレスではなく、Gogole Walletの拠点国の情報によって切替わるようになりました。それまで米国のGoogle Playストアにアクセスする場合、米国のVPNサービスを利用して、米国のIPアドレスに切り替えるだけで容易にアクセスできていましたが、接続先の判定方法の変更により、IPアドレスを米国に変えたとしても、拠点国が日本のままだと日本のGogole Playストアに接続してしまいます。この記事では、Google Walletの情報を変更して米国のGoogle Playストアにアクセスする方法を紹介します。まず、Google WalletのWEBサイトにアクセスし、右上のギアアイコンをクリックして、設定メニューを表示します。設定メニューの「自宅の住所」欄には日本の住所が登録されているなら、その部分をクリックして編集モードに移行。リストから米国を選択し、住所情報も米国のものに変更します。これで拠点国の変更は完了です。しかし、Go0gle Playクレジットに残高がある場合、拠点国の変更は不可なので、使い切るなどして残高を0円にしてください(結構難しいと思いますが・・・)。拠点国を米国に変更すると、米国のGoogle Playストアで販売中のNexus 4を購入したり、米国ユーザー向けにしか提供されていない「Google Play Music”All Access”」の定期購読を購入することができます(利用するには米国を拠点国にしたGoogleアカウントを利用する必要があります)。米国のGoogle Playストアを利用する主な目的は、おそらく、日本未発売のNexusを購入したり、日本では提供されていないけど米国では提供されているサービスやアプリを購入することでしょう。Google Walletの拠点国を米国に変更すれば、その目的は果たせると思いますが、Google Walletの情報はGoogleアカウントに紐づいているので、Android端末におけるGoogle Playストアの接続先も変わったりします。なので、別のGoogleアカウントを作成し、それを米国専用にして運用した方が良いと思います。



(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、5.7インチ・クアッドコアCPUを搭載した大画面スマートフォン「Liquid S1」を発表
NTTドコモ、6月6日に「ドコモクーポン」アプリをv2.0にアップデート、6月19日からはWi-Fiでも利用可能に
Samsung、Galaxy Note III(SM-N9000)を開発中、同社の公式サイトで情報を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP