ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本では手に入らない“中華プラモ” 「あれ? 意外とカッコいいかも」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「中華プラモ」という名前を聞いたことはあるでしょうか。
その名の通り、made in chinaであることに変わりは無いのですが、コンセプトやデザインも含めて、全て中国で作られたというプラモデルの事をこのように呼ぶようです。

実はこの「中華プラモ」、日本ではほとんどお目にかかる機会がありません。

現在、日本国内で専門で取扱いがあるのは中華プラモデル専門店『CH-MODS』というネット通販のお店と、その店舗。
店舗は、大阪・日本橋と東京・秋葉原にあるとのこと。ガジェット通信では早速、秋葉原店に取材に行ってみました。

こちら、もともとはaPad専門ショップ。お店に入るとAndroid製のタブレット型端末や面白い形のスマートフォンや周辺機器などが並んでいます。

店舗奥に目をやると……プラモデルコーナーがありました。種類は7種類ほどですが、いずれも日本では取扱いの無い商品ばかり。

そのうち半数は、『三国志』をモチーフにしたロボットもの。一見、SDガンダムシリーズを彷彿(ほうふつ)とさせる出で立ちなどもちらほら。
他は中国で放映中の『宇宙星神GALAXIA』というオリジナルアニメに登場するロボットのキット。

中身を見ると、説明書やパーツなど、日本で売られているものと遜色ない印象でした。

こう言っては申し訳ないのですが、中華プラモと聞いて僕が思い浮かべたのは「粗雑な作りの製品」でした(ごめんなさい)。しかしながら、実物は想像とは異なり、きちんと作られている印象。実際に組み立ててみたらまた、色々感想は有るのかもしれないけど、説明書はきちんとしているし、作例写真なども気合入ってて「何ショット撮ってるんだよ」ってくらいありました。

先のSDな三国志モチーフのロボットは、説明書がポスターのようになっていたり、なかなか気が利いてます。

店舗に並んでる商品数はまだ少ないそうなので、興味のある人は通販サイトでチェックしてみてはいかがでしょうか。

中華プラモデル専門店CH-MODS[ネット通販・販売]/TOPページ
http://shop.ch-mods.com/

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP