ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Gmail」にメールの内容に基づき自動的にカテゴリ分けする新機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Googleは現地時間5月29日、同社のメールサービス「Gmail」の受信トレイにメールの内容に基づき自動的にカテゴリ分けする新機能の追加を発表しました。新機能はWEB版、Android版、iOS版に対して今後数週間中に提供される予定です。発表されたカテゴリ機能は、受信したメールの内容に基づき”Primary”、”Social”、”Promotions”といったグループに自動分類する機能で、例えば、連絡先で”家族”や”友人”に指定した人や他のカテゴリに分類されないメールは”Primary”に、SNS関連のメールは”Social”に、Googleオファーのクーポンは”Promotion”に分類されたりします。WEB版では、カテゴリはタブとして表示されます。メールはタブ間をドラッグアンドドロップで移動させることができます。カテゴリは最大で5つ作成できます。Android版、iOS版はアプリを起動すると「Primary」が表示されるようになっています。Android版はスライド型のナビゲーションバーを備えたデザインに刷新され、メールの新規作成ボタンや検索ボタン、メニューボタンが上部のアクションバーに移動しています。新しい受信トレイはオプションで従来型に戻すことも可能とされています。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileがペン入力対応の6.4インチスマートフォン”L4”を開発中との噂
Samsung、Galaxy S 4のLTE Advanced対応版を8月にも韓国で発売へ
LG、アジア向けOptimus G Proを正式発表、6月より順次発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP