ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク未発表の富士通製スマートフォン「202F」がWi-Fi Allianceの認証を取得、Miracastにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク未発表の富士通端末とみられる「202F」がWi-Fi Allianceの認証を取得しました。今年夏向けの新機種と思われます。202Fはまだ発表されていないのでその詳細は不明なのですが、ソフトバンク向け富士通スマートフォンは「ARROWS A」が過去に2機種発売されており、202FはARROWS Aの新モデルと予想することができます。ソフトバンクが5月7日に予定している夏モデルの発表会で登場しそうですね。認証情報によると、202Fは無線LANの規格でIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯)に対応しており、5GHz帯ではHT40モードでの利用も可能。また、Wi-Fi DirectやMiracasにも対応しています。Miracast対応ということは、ワイヤレスディスプレイ機能が利用できる機種とみられます。Source : Wi-Fi Alliance



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungの新フラッグシップ「Galaxy S 4」が韓国やインドなど世界各国で販売開始、中国ではデュアルSIM対応版も
ASUS、Fonepad ME371MGに500MBのデータ通信用SIMカードをバンドルした期間限定のセット商品を5月1日に発売、価格はFonepad単体と同じ29,800円
Google Playストアアプリの新バージョン「v4.0.27」が配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP