体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】『トモダチコレクション 新生活』 ぼっちでも架空の友だちを作れるぞ!

元の記事:http://getnews.jp/archives/326937

唐突な質問だが皆さんには友だちはいるだろうか? 程度によるだろうが、顔見知り、知り合い、友だちと呼べる人がいるはず。もちろん家族も含めて。そんな周りの人たちと別の世界で別の生活を送れたら楽しくないだろうか? 普段は会社の上司や同僚という関係が、別の世界では仲の良い友達と言う関係になってしまう。

そんな別の世界を構築してしまうのが『トモダチコレクション 新生活』である。これは2009年にニンテンドーDS用タイトルとして発売されたゲームの新作でニンテンドー3DS用としてリリースされた。前作からのデータ引き継ぎやおなじみ『Mii』を使うこともできる。ちなみに前作は国内だけで367万本を売り上げた。

多くのファンがいる『トモダチコレクション』の新作なので記者も発売日に購入。購入したのはパッケージ版ではなくダウンロード版。こういう毎日ちょこちょこ遊ぶゲームはダウンロード版の方が適しているような気がしないでもない。『とびだせ どうぶつの森』も同じくダウンロード版で購入した。

そんな『トモダチコレクション 新生活(以下、トモコレ新生活)』。今回は新たに『すれちがい通信』や『いつの間に通信』にも対応。

まずは自分を登録してみる

まずは自分を『トモコレ』の世界に登録。『Mii』そのものは『ニンテンドー3DS』内蔵ソフトの『Miiスタジオ』に登録してある『Mii』から持ってこれるが、登録していない『Mii』もイチから作成することが可能。自分の『Mii』は当然登録してあったので作成する手間も省け、そのまま登録。更に生年月日や血液型、5つの質問に答え性格も付けて完成となる。この性格付けによって『Mii』同士の相性が異なってくる。作成した『Mii』はQRコードやローカル通信で受け渡しが可能。

一通り作成が終わったら『Mii』はマンションで生活をはじめる。要求してくることは「お腹が空いた」「服が欲しい」などである。その要求に答えてあげると「満足度」が増え、これが最大値になるごとに『Mii』のレベルがアップする。レベルアップ時は、様々なプレゼンを上げることが可能。部屋のインテリアや、小物、口癖に歌などを『Mii』に与えより面白いコミュニケーションが取れるようになる。

友だちも追加しよう

こんな島に自分一人では『トモダチコレクション』は成立せず『ボッチコレクション』になってしまう。ゲームの世界までボッチは勘弁。そんなわけで、同僚や家族、有名人や自分で作り上げた架空の『Mii』を登録していこう。『Mii』なんかは自分でその場で作ることもできるので、友だちがいない人でも『トモダチコレクション』では友だちを増やすことが可能だ。

友だちを増やしたらそれらも同じマンションで生活を始める。お互い『Mii』同士が気に入れば友だちになり、男女なら恋人となる。更に発展すれば夫婦となりマンションを出て一軒家で生活することになる。今回の新要素として、結婚した二人の間に子どもが生まれるのだ。生まれた子どもはマンションで生活したりほかの島へ旅立ってしまう。

ガジェット通信編集部を追加

そんな私はガジェット通信の編集者達を登録。皆個性が出ており楽しく生活している。ふかみんと横山緑が異常に仲が良かったり、wosa編集者がフラれて悲しんでいたりと実生活では見れない光景が見られる。それを一人でのぞいてニヤニヤするのがこのゲームの楽しみ方だ。ゲームそのものは一人で楽しむ物として作られている。このゲームで遊んだからと言って友だちが増えるわけではないのであしからず。

島には数々のロケーションが

今回も島には数々のロケーションが存在する。ゲーム開始時はマンションと市役所だけでどこにもアクセスできないが、ゲームを進めて行くと「たべもの屋」「遊園地」「Miiニュース」「インテリア屋」「服屋」「質屋」「ぼうし屋」など計21もの場所にアクセスが可能。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy