ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pantech、メタルフレームと5インチインセル型パネルを採用した新フラッグシップ『Vega Iron』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Pantechは現地時間4月18日、韓国において今年のフラッグシップモデルとなる新型Androidスマートフォン『Vega Iron(IM-A870S/K/L)』を発表しました。『Vega Iron』は4月下旬~5月上旬にかけて韓国の大手3キャリアを通じて販売されます。

『Vega Iron』は『Galaxy S 4』や『Optimus G Pro』の対抗となるPantechのプレミアムLTEスマートフォン。従来の『Vega』スマートフォンからデザインを一新しました。『Vega Iron』では、金属フレームで端末の側面を覆ったEndless Metaデザインを採用したところが大きな特徴で、このフレームは高級感を与えるデザインにするだけではなく、耐衝撃性を高めるバンパーとして、さらに、通信用のアンテナとしても機能するそうです。本体右上には宝石をイメージした通知LED『Jewerly Lighting』が組み込まれています。

ディスプレーは5インチ1920×1080のHigh Brightインセル型液晶パネルを採用。液晶モジュールにタッチセンサーが内蔵されており、従来モデルと比較して、タッチセンサー層がなくなったことで、20~30%ディスプレーモジュールが薄くなったそうです。これにより、光の透過率が94%にまで向上し、色の再現性、輝度、視野角が向上したとしています。また、ディスプレイの両端の幅も2.4mmに狭められ、本体の縦横サイズに占めるディスプレーの割合は75.5%に向上したそうです。

プロセッサはSnapdragon 600 1.7GHzクアッドコアを搭載。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、microSDカードも利用可能。カメラは背面に1300万画素(裏面照射型CMOS)で、インテリジェントモードにより、接写、風景、室内など9種類のシーンの中から環境に適したモードで撮影されるようになったそうです。前面に200万画素カメラを搭載。視線認識技術を搭載し、画面点灯や画面の向きを維持、動画を一時停止、ページスクロールといった4つの機能を提供します。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、DLNA、NFCなどに対応。バッテリー容量は2150mAhと5インチスマートフォンにしては若干少なめですが、急速充電機能に対応しており、充電を87分で完了させることが可能とのことです。本体サイズは136.3mm×67.6mm×8.8mm、質量154g(ホワイト)153g(ブラック)。
Source : Pantech



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy S 4の米国における発売スケジュールを発表、早いところでは4月24日に発売開始
WordPressのAndroidアプリがv2.3にアップデート、アプリUIがHoloテーマを採用したものに刷新
Sony Mobile、Xperia Vの最新アップデートで画面が点灯しなくなる事象に対処したことを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP