ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadで試験アプリ! 試験中はネットワークを遮断

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本では試験といえば紙を使っていますが、世界的に見るとCBT(Computer Based Testing、コンピューターテスト)が普及しています。今まではテスト専用の端末で受験をしていましたが、『ExamSoft』が『iPad』を使った試験アプリを開発しました。

iPadで試験ではカンニングし邦題?

iPadで試験というと、ブラウザでネットにアクセスしたり、チャットアプリで相談しあったりできそうです。 しかし、この試験ソフトには

・インターネットへのアクセスをブロック
・ネットワークへのアクセスのブロック

を行う機能が付いています。このため、いかなるカンニング行為もできなくなります。

Wi-Fiや3Gをブロックするとあるが、辞書などローカルで動くアプリケーションでカンニング行為はできそうです。これだけでは不十分な感じがしますが、同様に動作するPC版は既に運用されているので、アメリカでは特に問題になっていないのだと思われます。

 

どのような流れで試験が行われるのか

まず、教師が試験問題を作り、ポータルにアップロードします。
生徒はアプリケーション経由で、試験問題をダウンロードします。

試験を開始すると、端末の無線LANや3GモジュールなどがOFFになり、外部との通信ができなくなります。

試験が終了すると、ポータルに結果がアップロードされ集計されます。

情報端末を使った試験の流れです。試験問題はクラウドベースのポータルにアップロードされており、生徒はそれをダウンロードして試験を行います。 試験中はWi-Fiや3Gネットワークなどが遮断されます。

 

日本も情報先進国なはずですが、試験環境がここまでコンピュータ化されている話は聞いたことがありません。技術の実用的な応用の分野では遅れているのではと感じます。

PC版は既にリリースされています。iPad版は年度末までにリリース予定です。

 

Flexible Exam Delivery | iPad
http://learn.examsoft.com/news/offline-testing-for-iPad

 

写真はExamSoftのWebサイトからです

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP