ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通に美味しかった惜しい飲食店1000選 “希須林 担々麺屋”赤坂店

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


期待して行ってみたけれど、普通に美味しいけれど、ちょっとだけ惜しい飲食店。そんな全国の飲食店を紹介する『普通に美味しかった惜しい飲食店1000選』。今回は東京都港区赤坂3-7-9にある“希須林 担々麺屋”赤坂店に行きました。

赤坂の飲食店街に、サラリーマンやOLに人気の担々麺の専門店があります。こだわりがあるのか、料理はサイドメニューを除けばほとんどが坦々麺です。特に人気なのが、排骨坦々麺。そう、豚肉の唐揚げが盛られた坦々麺です。

しかも排骨の大きさが尋常ではありません。麺が見えないくらいドッサリとドンブリに乗っています。スープは乳白色ですが、表面にたっぷりと赤い油が膜を作っているので、艶やかな色合いをしています。

これは美味しいに違いありません。事実、スープは濃厚そうに見えてアッサリとしていて、熱いけどどんどん飲めてしまいます。油膜の辛さをコクの深さに変化させているのもスープの評価ポイントですね。

今度は麺をズズッといただきました。うん、美味しいです。でも何か物足りない? いいえ、物足りないのではなく、麺が柔らかすぎて豪快さのあるラーメンに負けている気がしました。麺の種類とゆで加減は今後の課題といえるかもしれません。

排骨ですが、衣の油はコッテリしていますが、身はアッサリしているので、たくさん食べても飽きません。排骨坦々麺は1200円なので、ラーメンとしては高額。でも、麺がもっと良くなったらそれくらい出してもいいかもしれません。近くに行ったら、また寄らせてもらおうと思います。ごちそうさまでした。

『希須林 担々麺屋』東京都港区赤坂3-7-9
お休み 日・祝・年末年始




※この記事は、ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

pinkyの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP