体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!

 

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!

 

本当に簡単?

木製のかわいい駒に、ほのぼのとしたイラストのお城や草原の書かれた板(タイル)。使うのはこの2種類だけ。それが『カルカソンヌ』というボードゲーム。

このタイルを並べてお城や道や草原などを作って得点を競うだけのルール。この簡単なルールが大人から子供まで遊べる理由です。

 

実際のルールはどんな感じ?どこが面白いの?

実際のルールはいろんな決まりなどがありますが、自分の番にやることは「タイルを並べて、駒を置くだけ」本当にこれだけです。これを参加者が順番に行っていくだけ。

城のイラストが完成したり、道が完成すると得点がもらえます。(城は一枚のタイルにつき2点、道は一枚1点です。要はなるべく大きな城や道をつくろう、ちなみに城の方が得点を稼ぎやすい、ということです。)

 

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!

そうするとあら不思議。だんだん目の前に一つの国にも見える地図が完成してきます。遊ぶたびにいろんな形の国ができあがります。この「国を作っていく」感じが醍醐味です。

 

ルールとしては、

1、自分の番に裏返しのタイルの山から一枚取って、今ある表向きにタイルを並べてある場所に絵柄が繋がるように置きます。(城や道が書かれているのでそれがうまくできあがるようにしましょう。

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!

 

2、置いたタイルに書かれた城や道などに自分の駒を置くことができます。これを置いた部分を完成することで自分の得点となります。(自分の駒を置くことで所有権を得るわけです。)

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!

 

3、自分の駒のある(所有している城や道)が完成していたら得点を得ます。

 

以上の1~3を繰り返し、タイルがなくなったら(基本72枚)終わりです。その時点で得点が多い人の勝利です。(上級者向けの”紋章”や”草原”をつかったルールもあります。)

 

禁止されていることは「他人や自分の駒がある城や道にほかのタイルをつなげて横取りなどの為に駒を置いてはいけない」

つまり他人の城や道をいきなり横取りしようなんてことはできないのです。

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!

でも、他人が大きな城を作っていたら邪魔したいですよね?あわよくば奪いたいですよね?(城や道などは駒をたくさん置いている人の得点として計算されてしまいます。)

ここからが頭の使いどころで、1つの方法として「自分の駒が多く置かれた城を奪いたい他人の城とくっつけてしまう。」ということができます。

簡単ルールで熱くなる!ボードゲーム「カルカソンヌ」世界選手権が今年も開催!
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。