体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最大級のアニメイベント『東京国際アニメフェア』が東京ビッグサイトで開催!

エンタメ
東京国際アニメフェア

3月21日、『東京国際アニメフェア』が開幕した。『東京国際アニメフェア』は、国内外のアニメが東京ビッグサイトに集う、世界最大級のアニメイベント。日本のアニメはもちろん、海外のアニメや、海外に向けて日本のアニメを発信するための展示が多数行われていた。21日と22日は、明日からの一般公開に先駆けてプレスや関係者のみが来場するビジネスデーが開催されたので、レポートをお届けする。

※すべての画像を見るには『ガジェット通信』をご覧ください
http://getnews.jp/archives/303429

アニメ歴史を一望できる巨大パネル

パネル パネル パネル パネル

展示されているものとしては『鉄腕アトム』からはじまった日本のアニメを振り返るパネルや、松本零士の原画展、“ガイナックス流アニメ作法”と題してガイナックスのコンテンツ制作の過程を展示したものなど、の展示が目を引いた。パネルを眺めていると、創世記から徐々に作品数が増えていき、1970年代と、2000年代では全く制作数が違うことが一目瞭然だ。

タイバニ アイカツ! ジャイロゼッター

放送中のアニメでは、『アイカツ!』や『超速変形ジャイロゼッター』、『獣旋バトルモンスーノ』などの子供向けアニメや、『コードギアス』の新作、『TIGER&BUNNY』のコーナーなどがあった。新作の情報はあまり公開されておらず、どちらかと言えば既存の作品を海外向けに発表しているといったニュアンスが強く伝わった。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会