ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EAが『シムシティ』トラブルのお詫びとして無料提供されるタイトルを発表 EAのCEOも辞職

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

3月7日にリリースされた『シムシティ』。マクシスが開発した都市育成ゲームの最新作だ。誰もが知っている『シムシティ』で、今回はオンラインに接続して遊ぶことが可能。しかしそんな『シムシティ』最新作に発売日からトラブルが起きたのだ。そのトラブルはネットワークに接続できないという障害が発生し、ゲームが遊ぶことができないという。

シングルプレイでもオンライン認証が必要で、サーバー接続は必須とされている。後日取られた解決策はサーバーの負荷を軽減させるために一部の機能を制限するという物だった(実績や速度)。それを不満に思った海外ユーザーはアマゾンに星1つというレビュースコアを付け、更にはレビューサイトにも低スコアを付け不満をまき散らした。

販売元のEAはこの件について謝罪し、最前で回復させると約束。更にはシムシティを購入したユーザーに対して下記のタイトルを無償で提供すると発表した。

Battlefield 3 (Standard Edition)
Bejeweled 3
Dead Space 3 (Standard Edition)
Mass Effect 3 (Standard Edition)
Medal of Honor: Warfighter (Standard Edition)
Need For Speed: Most Wanted (Standard Edition)
Plants vs. Zombies
SimCity 4: Deluxe Edition

これらのタイトルは「償還ポータル提供サイト」からダウンロード可能となっており、地域によって時間が異なる。日本(アジア)は3月22日の午後5時となっている。

また対象ユーザーにはEAから“『シムシティ』のアップデートと無料ゲームのご提供について”というメールが届いているはずだ。

無償提供されるソフトはダウンロード版パッケージとなっている。購入した『シムシティ』はパッケージでもダウンロード版でも良い。また『シムシティ』の認証を2013年3月26日午後3時59分(日本標準時)までに行う必要がある。つまり今から購入して認証すると無償で1本貰えるってこと?

また、このタイミングでEAのCEOであるジョン・リッチチェロ氏が辞職となっている。今回の『シムシティ』のトラブルが原因かは不明。

『シムシティ』の認証期限……2013年3月26日午後3時59分(日本標準時)
受取期限……2013年3月31日午後3時59分(日本標準時)

EA CEO John Riccitiello Steps Down Over “Shortcomings” In Financial Performance(英文)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。