体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイクロソフトがWindows RTタブレット『Surface RT』の国内向け販売を発表 3月15日発売で32GBモデルが4万9800円

BY: ガジェ通
マイクロソフトがWindows RTタブレット『Surface RT』の国内向け販売を発表 3月15日発売で32GBモデルが4万9800円

日本マイクロソフトはWindows RT搭載タブレット『Surface RT』を3月15日に国内でも販売することを発表しました。内蔵メモリーが32GBのモデルは4万9800円、64GBのモデルは5万7800円(いずれも税込み)。ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラと各グループの量販店、オンラインストア『Microsoft Store』から販売されます。

主な仕様

『Surface RT』は、OSにWindows RTを搭載するマイクロソフト製の10.6型タブレット。1366×768ピクセルのHDディスプレー、リアとフロントに720p HDのウェブカメラ『LifeCam』、『Tegra 3』クアッドコアCPU、2GBのRAM、最大8時間駆動のバッテリーを搭載します。インタフェースはフルサイズのUSB2.0、microSDXCメモリーカードスロット、HDビデオ出力ポートを搭載。

本体を立てて設置できる『Kickstand』を搭載

本体を立てて設置できる『Kickstand』を搭載し、別売りのキーボード搭載カバーと組み合わせるとノートパソコンのように使用できるのが特徴です。

ブラック ホワイト

シアンブルー、ブラック、ホワイトの3色をそろえた『Touch Cover』は、厚さ3mmの感圧式キーボードを搭載するカバー。9980円(税込み)で別売りしますが、本体とセットの製品も販売。32GBモデルとのセットは5万7800円、64GBモデルとのセットは6万5800円(いずれも税込み)です。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会