体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「汚名挽回」という言い方は間違っている、とする主張の根拠が分からない

「汚名挽回」という言い方は間違っている、とする主張の根拠が分からない

今回はyunishioさんのブログ『こりゃ、ほたえな』からご寄稿いただきました。

「汚名挽回」という言い方は間違っている、とする主張の根拠が分からない

「汚名挽回」という言い方は間違っている、という指摘をたびたび目にすることがあります。

オレ自身がこの言葉をつかう機会はいままでなかったのですが、他のブログなどでこの言いまわしを使ったところ、コメント欄で「汚名は挽回するものでなく返上するものだから、その言い方は間違っている」と指摘されているという場面にたびたび出くわします。

オレが最初にこうした指摘を見たのは20年くらい以前、朝日新聞が出した記者向けのハンドブックでした。(記者ハンドブックというと共同通信のものが定番で、他紙の記者もよく使っているそうです。おそらく共同ハンドブックでも同様の指摘があるのではないでしょうか。)
しかし、この時点ではあくまでも記者向けに書かれたもので、一般的にそのような指摘をするようなひとは見かけませんでした。テレビのプロ野球ニュースなどでも「汚名挽回」といった言いまわしは多用されていたように記憶しています。

ただ、テレビアニメ『Zガンダム』(85~86年のアニメだそうです。)の登場人物がこの言いまわしを用いたところ、アニメ雑誌『月刊OUT』で批判されていた、という指摘もいただきました。

間違いの指摘がいつから始まり、それがどのように広まっていったかはよく分かりませんが、オレが日常的に目にするようになったのは今世紀に入って以降、おもにインターネット上でのことです。

最近になって、間違いの指摘を目にするようになったということは、それ以前に「汚名挽回」という言いまわしが少なかったか、あるいは以前から「汚名挽回」という言いまわしはされていたけども間違いだと考えるひとが少なかったか、そのどちらかだと考えられます。

過去の用例を調べるのに、いちばん簡単な方法の一つは、『青空文庫』で近現代文学の用例を調べることだろうと思います。

以下、Googleで『青空文庫』を検索した結果を示します。現時点で「挽回」は50件の該当がありました*1(坂本龍馬「船中八策」はなぜか2つのページがあったので除外しています)

*1:「挽回 site:www.aozora.gr.jp」検索結果『Google』
https://www.google.co.jp/search?q=挽回+site:www.aozora.gr.jp&pws=0

坂本竜馬「船中八策」
『苟(いやしく)も此数策を断行せば、皇運を挽回し、国勢を拡張し、万国と並立するも亦敢て難(かた)しとせず。』

内村鑑三「デンマルク国の話」
『自由宗教より来る熱誠と忍耐と、これに加うるに大樅(おおもみ)、小樅(こもみ)の不思議なる能力(ちから)とによりて、彼らの荒れたる国を挽回(ばんかい)したのであります。』

横光利一「静かなる羅列」
『SとQとの二城の争闘が根絶されたときには、天下は再び王朝の勢力を挽回した。』

服部之総「新撰組」
『公武合体派を抑制しつつ一挙「鎌倉以前の大御代を挽回」するというのが、寺田屋に憤死した「浪士」派の、粒々半カ年にわたる工作の荒筋だった。』

坂口安吾「訣れも愉し」
『老婦人は私の訪れによつて幾分勇気を挽回したらしい。』

永井荷風「上野」
『俳優沢村氏新戯場ヲ開カントシテ未ダ成ラズ。故ニ温泉場ヲ開イテ以テ仲街ノ衰勢ヲ挽回セントスル也。』

豊島与志雄「父の形見」
『その頃君の父は、土地の思惑売買に失敗し、更に家運挽回のための相場に失敗し、広い邸宅を去って、上野公園横の小さな借家に移り住んでいた。』

長塚節「商機」
『彼の一家は以前から衰頽に傾いて居た。此の家運を挽回しようといふ希望は常に彼の心を往來して居た。』

福沢諭吉「徳育如何」
『しかのみならず論者が、今の世態の、一時、己(おの)が意に適せずして局部に不便利なるを発見し、その罪をひとり学校の教育に帰(き)して喋々(ちょうちょう)するは、はたしてその教育をもって世態を挽回するに足るべしと信ずるか。』

小栗虫太郎「一週一夜物語」
『つまり、四十碼(ヤード)スクラムからスリークォーター・パスになって、それを、私がカットして好蹴(キック)をタッチに蹴出す。一挙これじゃ、三十碼(ヤード)挽回ね』

1 2 3次のページ
生活・趣味
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。