ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:Lenovo、Androidタブレット新モデル『S6000』『A1000』『A3000』を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米Lenovoは現地時間2月24日、『MWC 2013』の開幕に合わせて3機種のAndroidタブレットを発表しました。発表されたのはミッドレンジクラスの10インチタブレット『IdeaTab S6000』、エントリーレベルの7インチタブレット『IdeaTab A1000』と『IdeaTab A3000』。いずれも、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載しており、2012年Q2より世界において順次発売される予定。通信機能によりWi-Fi OnlyモデルとWi-Fi+3G(HSPA+)モデルがラインアップされています。

『IdeaTab S6000』は、「Mobile Home Entertainment Center」と銘打った機種で、マルチメディアコンテンツやゲームを楽しみたい方に最適な1台と言われています。10.1インチ1280×800ピクセルのIPS液晶、MediaTek MT8389/8125 1.2 GHz クアッドコアプロセッサ(Cortex-A7)、Micro HDMI出力端子を備えます。厚さ8.6mmで、質量は560gと10インチタブレットの中では比較的薄く軽い筐体仕様。機能を拡張する専用アクセサリーも販売されるとのことです。

『IdeaTab A1000』は画面サイズ7インチのポータブルタブレット。タブレットを初めて利用する方に最適の1台とされています。7インチディスプレー、1.2GHzのデュアルコアプロセッサ、内蔵ストレージの容量は16GBで、micro SDカードも利用可能。前面に2つのスピーカーを備えており、Dolby Digital Plusにも対応するところが特徴の一つとされています。

『IdeaTab A3000』は、『A1000』の上位機種となるようです。ディスプレーは7インチ1024×600ピクセルのIPS液晶、プロセッサはMediaTek製1.2GHzクアッドコアを搭載。3G HSPA+モデルもあります。
Source : LenovoEngadget



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2013:Huawei、Android 4.1.2搭載エントリーモデル「Ascend Y300」を発表
MWC 2013:Huaweiが厚さ8.4mmの薄型スマートフォン「Ascend P2」を正式発表、4.7インチHDインセル型タッチパネル、HDR動画撮影にも対応した1,300万画素カメラ、LTE cat 4対応
京セラ、米Virgin Mobile向けにAndroid 4.0スマートフォン「Kyocera Event(C5133)」を投入

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。