ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂がWiiUの隠し球ソフトを公開 YouTubeに1300件以上もの世界中からの歓喜の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨日23時から行われた任天堂が定期的に行っている『ニンテンドーダイレクト』の『WiiU』情報版『Wii U Direct Nintendo Games』が『ニコニコ動画』や『Ustream』にて放送された。番組はあらかじめ録画されたものを放送しているのが、放送は23時からと決まっており、編集されたテンポの良い35分の放送であった。

序盤では『Miiverse』を上手に使った事例や、今後のアップデート情報を紹介。そして後半からは任天堂自社タイトルの紹介となった。『マリオカート』、『3Dマリオ』、新作『ゼルダの伝説』、『ゼルダの伝説 風のタクト』、『マリオパーティー』など数々の新作を紹介したのちに、続編ではない新規タイトルを紹介。

その中で最もユーザーの注目を浴びたのが、モノリスソフトが製作した謎のゲーム。タイトルはまだ不明だが、『ゼノ』シリーズに当たることは間違いなさそうである。広大なフィールドでモンスターと戦う様や、ロボットに乗り込み移動や攻撃をするシーンが紹介され、どのようなゲームなのかまだ謎に包まれた部分が多く、オンラインゲームなのかすら不明。

ゲームのインタフェースにはチャットログも見えるため、インターネットを介したオンライン通信が可能と推測できる。MMOなのかMOなのかも気になるところだ。

一昨年にモノリスソフトが技術者を募集し、新たな新規タイトルを開発中と表明したが、それがこのタイトルなのだろうか。『YouTube』には既に動画が公開されているので、そちらもあわせてご覧になってほしい。

Wii版の『ゼノブレイド』を遊んでいない方は、かなりの良作なので是非新作が発売するまでに遊んで欲しい。

『YouTube』には既に各国から次のようなコメントが寄せられている。

・ゼノブレイドで日本語音声を削除したようなことはしないで!
・モノリスゴーゴー!私は待つことはできません:D
・WiiUの明るい未来が見える。
・私はこれがXenobladeクロニクル(Xenobladeのこと)の続編であることを望む……。
・モノリスソフトは…締め、敬意を
・これは、私はWii Uを購入する理由は、120%です。音楽担当に光田康典を見ることができず悲しい。
・このゲームはヨーロッパで買うことができるのだろうか?
・Xenoblade 2!XD
・続編はなくこれは新しい “Xenoのゲーム”であってもよい。
・ワウ!これはファイナルファンタジーに匹敵する可能性。
・このゲームのためのWii Uを購入する

以上の他に1300件以上のコメントが付けられている。たった数十秒間のトレイラー動画だが、ここまでファンを熱くさせている。海外で昨年発売された『Xenoblade Chronicles』は評価もかなり高くファンの間でも非常に評判が良かった。その発売から1年もせずに新作を見ることができ、ファンは『WiiU』の購入を決め込んでいるようだ。

2010年6月に日本で発売された『ゼノブレイド』は『スーパーマリオギャラクシー2』と発売が被り売り上げはイマイチであったが、ゲームの内容、音楽、ストーリーどれをとっても秀逸である。アメリカではそんな良作をはやくローカライズしてほしいという要望が相次ぎ、その要望に応え昨年ようやく発売となった。

海外での熱狂的なファンが多い『ゼノブレイド』なだけに今作は海外でも速やかなローカライズを目指して欲しい。また『YouTube』に公開された動画も下記に掲載しておいたので興味のある方はご覧になってほしい。








Wii U – Monolith Soft Trailer(YouTube)

※画像は『YouTube』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP