ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心を閉ざしたヒロインをエロスの貴公子が救う 学園ラブコメアニメ『琴浦さん』クロスレビュー[7.8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫



2013冬アニメクロスレビュー『琴浦さん』

翠ヶ丘高校に転校してきた琴浦春香は、一見、普通の女子高生だが、実は人の心を読めてしまう能力の持ち主。
その能力のため幼い頃から辛い経験を繰り返し、心を閉ざして周囲から距離を置いていたが、クラスで隣の席になった真鍋義久との出会いがきっかけとなり、彼のエッチな妄想に振り回されながらも徐々に心を開いていく。
やがて、その力に目をつけた御舟百合子によってなりゆきから彼女が部長を務めるESP研究会に入部することになるのだが…

人の心が読める少女と彼女に惹かれる少年が織り成す学園ファンタジーラブコメ。

原作/えのきづ
アニメーション制作/AIC Classic
監督/太田雅彦
声優/金元寿子、福島潤、花澤香菜ほか
1月14日よりスタート
TOKYO MX 毎週月曜日 23時00分~
公式サイト:http://www.kotourasan.com/[リンク]

『ガジェット通信』冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.8/10点(レビュアー 5名)

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 7
OP/ED 7
最初びっくりするぐらい重たい度 10
-----
総合 7

オープニング曲が流れるまでの10分くらいがものすごく重くてびっくりしました。友達もいなくなり、親にも見捨てられ、唯一の癒しの猫も保健所へ。壊れる少女、心を閉ざし虚ろな目になり世界はすべて色を失う。
主人公は人の心が読めるがゆえに孤立して、立ち振舞もミスってしまいどうしようもない感じで高校生になりますがその時出会ったお馬鹿な真鍋くんの振る舞いに癒され、心を癒され、前を向けるようになるかもしれないラブコメっぽいです。
前半10分でどん底まで堕ちた主人公が癒されていくところを見たくなるほど感情移入しちゃったので見守りますよ。

srbn のレビュー

演出 9
脚本 8
作画 7
OP/ED 7
ダークホース 8
-----
総合 8

強烈な1話でした。仮に今後の展開がすべて日常系であろうとも、1話を鮮明に記憶している限りただの日常系になることはありえないでしょう。幼少期の琴浦さんについては色々と思うことがありますが、大人の対応もあまり良くないんだなあと思いました。何度か経験したら心が読めるんじゃね?って想像できそうなもんですが現実的に考えると難しいんでしょうか。とはいえ愛すべきバカでありエロスの貴公子こと真鍋くんの存在がかなり良い味出してて、初対面の時の妄想は一体何だったんでしょうか。ウェブ漫画原作ということもあって5分アニメの類かと思ったのですがたっぷり30分尺で楽しめます。

鬼嶋 ピロ のレビュー

演出 8
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
琴浦さん救われて欲しい度 10
-----
総合 8

アバン(冒頭部分)開始後の幸せからの転落、すぐにとんでもない鬱アニメが始まっちまったんだと思わされた琴浦さんwいや~、アバンがとんでもなく重くキツかったから心折れそうだったけど、フクジュン(福山潤)じゃなくて福島潤さんのキャラに逢って琴浦さんが救われていく話なんだねw本当に良かったwwwOPも良い曲だしw
ってか、キャスト見てフクジュンと読み間違えてて、声が全然違うけど何が起きたんだとか思ってたけどそもそもが一文字違いの全くの別人とゆーねwwそら違いますわなww
他人の心が読めてしまうことから忌み嫌われて心を閉ざしてしまった琴浦さんが少しずつ救われてく感じのストーリーなんですかね?エロのチカラは偉大だwww救われろ琴浦さんwww

藤本 エリ のレビュー

演出 8
脚本 7
作画 6
OP&ED 6
幸せになってほしい度 10
-----
総合 7

公式サイトのイメージや、事前情報とは全く違う1話の展開にかなり驚きました。「えっ、これって琴浦さんだよね……?」的な。琴浦さんの子供時代からの暗い展開、結構へこみました。が、真鍋くんの登場でいきなりポップな雰囲気に。彼自身のキャラクターも含め、今後の物語の展開に期待です。しかし、人の心を読めちゃう能力って本当大変ですよね。幸せになってほしいです(切実)。

渋市 飛鳥のレビュー

演出 9
脚本 8
作画 8
OP / ED 10
キャラクター 8
-----
総合 9

WEB漫画では真鍋義久くんを視点とした部分を、タイトルにもなっている琴浦春香ちゃん視点で描いた1話でした。冒頭で涙、EDで涙と2回もウルッときてしまいました。
凍ってしまった琴浦さんの心を純粋な気持ちと純粋なエロスで溶かした真鍋義久くんには敬服します。最近のアニメ主人公たちの中では、かなーり良い男?でもエロスの貴公子ですからねぇ……。

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ

業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

アニ二郎探検隊

アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

藤本 エリ

日常系アニメと、黒髪&細身キャラクターをこよなく愛するアニメ・声優好き。一番応援している声優は小野大輔さん。好きな監督は水島努。

srbn

OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

渋市 飛鳥

作監や脚本よりまずは声優をチェックします。好きな声優が演じているアニメは地雷でも必ず最後まで視聴。スタジオの名前が書いてあっても出待ちはダメだぞ!

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP