体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『化城の人』は竹中労の著作からも盗作していた!~佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第11回)

表紙

【特別取材班より:この連載のすべてのリンクと画像をご覧になりたい方は、ガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。】

「ノンフィクション界の虚人」による奇妙な釈明文

12月20日発売の週刊ポスト(2013年1月1・11日号)に、佐野眞一氏による『決意の手記  ノンフィクション再論』が3ページにわたって掲載された。ガジェット通信特別取材班が連続して指摘してきた連載『化城の人』の盗作問題について弁明しつつ、たった1回で打ち切りになった週刊朝日の部落差別連載について、さらにはノンフィクションに対する今の思いについて綴っている。

佐野眞一氏「決意の手記  ノンフィクション再論」(週刊ポスト 2013年1月1・11日号)

どうやら佐野氏はノンフィクション界から引退するどころか、『化城の人』の連載を打ち切りにする気すらないらしい。以下、パクリ作家の弁明に耳を傾けよう。

《「化城の人」の読者と関係者の皆様にお詫びしなければならないことがある。「化城の人」を連載するにあたっては、多くの文献を参考にした。その参考文献を連載後、逐一列挙するつもりだったが、そのことを発表媒体の「週刊ポスト」誌上に予告するのを怠った。
 関係者の皆様にご迷惑をかけ、不快な思いにさせたことを心からお詫びしたい。
  特に『創価教育の源流  牧口常三郎』(潮出版社)と、『戸田城聖―創価学会』(新人物往来社)という著作からの無断引用ではないかという指摘について述べれば、これらの著作物を参考文献として利用したのは事実であり、そのことを明示しなかったのは、配慮が足りなかった。
 この点、両著作者と関係者に深く謝罪したい。
  本来ならば、問題を指摘された時点でお詫びすべきだった。大幅に遅れてしまったのは、弁解じみた言い方になるが、「週刊朝日」連載中止問題の対応に追われていたからである。》

《これらの著作物を参考文献として利用したのは事実であり》とは、あまりにも苦しい弁明だ。『化城の人』で2冊の著作から犯した盗作については、末尾に参考文献を列挙すれば済む問題ではない。ガジェット通信特別取材班による検証を見れば明らかだ。
http://getnews.jp/archives/267742 [リンク]
http://getnews.jp/archives/269969 [リンク]

佐野氏はさらに言い訳を繰り広げる。引用が少々長くなるが、以下おつきあい願いたい。

《私がこのような過ち【=他人の著作からの「無断引用」】を犯してしまったのは、ひとえにノンフィクションに取り組む初心を忘れてしまったからである。
  私はノンフィクションとは、目と耳と足で書く文藝だなどと言っておきながら、忙しさにかまけてすべての取材現場に足を運んだわけではなかった。他人の著作にも尊敬の念を払わなくなっていた。
 
また、一方の側の話だけを聞き、反対側の取材をせず、正確さを欠いた部分もあった。》

《家人から言われたことが、いまさらながら耳に痛い。
「あなたは知らないうちにどんな編集者よりも年上になってしまった。誰もあなたに文句を言える編集者がいなくなった。それをいつも自覚していないと、大変なことになる」》

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。