体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「票を投じる」とはどういうことか(東京大学教授 宇野重規)

n1300517799

質問 「票を投じるとは、何を意味するのですか」
衆院選の投票日が明日に迫りました。

「あなたの一票が日本の未来を決める」というセリフをよく耳にしますが、はたして一票を投じることにいかなる意味があるのでしょうか。そもそも、票を入れるとはどういうことなのでしょうか。あまりに基本的な問いですが、よく考えてみると、実はなかなか複雑な問題が含まれています。

この問題を考えるにあたって、思い起こされるのは橋下徹大阪市長の次の言葉です。「有権者が選んだ人間に決定権を与える。それが選挙だと思います」「選挙では国民に大きな方向性を示して訴える。ある種の白紙委任なんですよ」(朝日新聞2012年2月12日)。

選挙は白紙委任?

「選挙は、ある種の白紙委任」であるという言葉にはインパクトがあります。有権者が一度ある政治家を選んだならば、その政治家が何をしたとしても認めるしかない。金額を空欄のまま小切手を渡したのと同じで、そこにいかなる数字を書き込まれても文句はいえないというわけです。

もちろん、「大きな方向性」は示されているわけですから、まったくの白紙委任というわけではないでしょう。とはいえ、示された「方向性」がきわめて抽象的なものであるとすれば、それがどれだけ政治家の行動を制限するか疑問が残ります。

読売新聞の渡辺恒雄会長は、この発言に対して、「私が想起するのは、アドルフ・ヒトラーである」と述べました(『文藝春秋』2012年4月号)。首相になったヒトラーが全権委任法を成立させ、そこからファシズムへの道へ進んだという歴史を踏まえての発言です。

「決定できる民主主義」とは、「選挙で選ばれた政治家への白紙委任」なのだという言葉には、それほどのインパクトがあるのです。

政治は「悪さ加減」の選択

とはいえ、ここでこの発言をとりあげたのは、それをあらためて問題視するためではありません(問題視すべきだと思いますが)。

ここで考えてみたいのは、一票を入れるという行為は、はたしてその政治家を全面的に認めることを意味するのだろうか、ということなのです。

あなたはどのようにして一票を投じるでしょうか。「まあ、この人(党)がすごくいいというわけではないけど、相対的にはましと思って票を入れた」という場合もあるかもしれません。「今回だけはこの人に入れてみよう」というお試しのケースもあるでしょう。

しばしば「政治とはレッサー・イーブル(lesser evil)を選ぶことだ」といいます。政治において完璧な善はない以上、いずれの政治家であれ、政策であれ、より悪の程度が小さい方を選ぶしかない、そういう知恵を意味する言葉です。福沢諭吉も、「政治とは、悪さ加減の選択である」という言葉を残しています。

とはいえ、そのような理由で選んだにもかかわらず、選ばれた政治家に「自分は選挙で選ばれたのだから、白紙委任を受けたも同然だ」といわれると、さすがに鼻白む思いを禁じえないでしょう。ここには一票の意味について、かなりのギャップがありそうです。

投票という不器用な伝達手段

あるいは、こういうパターンはどうでしょうか。

仮にあなたが反原発という立場を支持しているとします。選挙区においては、ちょうど反原発を訴えるAという候補がいます。そこでAに一票を投じようと思ったのですが、実はあなたはTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)にも関心があります。

この場合、あなたは交渉参加に否定的なのですが、AはTPPに賛成であり、TPP反対にもっとも熱心なのはむしろ候補者Bだとしたらどうするでしょう。困ったあげくに、それでもAに入れたところ、結局Aの所属する政党によってTPPが推進されてしまったなんていうこともありえます。

あらゆる政策において賛成できる政治家や政党なんて、そもそも存在しないのかもしれません。それでもあなたは一票を投じなければなりません。「Aさんを支持したのは、反原発のためであって、TPPが理由じゃなかったんだけどな」というような事態も、けっして例外的ではないはずです。

私たちは、それぞれの思いを込めて、一票を投じます。しかしながら、そのようにして投じた一票が、投票結果において、まったく異なった意味に「伝達」されてしまうこともあるのです。ある意味で、投票とはきわめて不器用な伝達装置なのかもしれません。

1 2次のページ
Foresightの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。