体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女の子たちが考える女の子のほめ方

ag11

この微妙なニュアンスを押さえているかいないかで、大きな差が出てしまうのですよ。男子も女子も必見。今回はAg(あぐ)さんのブログ『銀色のホットカルピス』からご寄稿いただきました。

女の子たちが考える女の子のほめ方

女の子数人で話していて興味深かったのでUPします。「彼氏以外の男性からほめられてうれしいところ」と「彼氏以外の男性からほめられると微妙なところ」、そのボーダーについて。

協議の結果、「女の子がさりげなく気をつかっている、かつ、“見せたい”と思っているところをほめる」のがベスト。「メイクとか、細かいことについて言われると引いてしまう」+「ある程度アバウトにほめられるのがいい。具体的に指摘されるとちょっと……」。どういうことなんでしょう。私の大学の先輩で、女の子のほめポイントが上手なプレイボーイが2名ほどいらっしゃるので(A先輩・B先輩としましょう)、その先輩方の過去の言動を思い出しつつ考えてみました。

なかには「彼氏以外の男性に言われたら微妙」、「彼氏に言われるならうれしい」、「彼氏に言われても微妙」など、同じ台詞でも、デリケートな乙女心のシビアな審判が下る場面もあり(笑)。女の子って難しい。男の人って大変。…頑張ってください(丸投げ)。

以下、わがままでかわいい女心の分析です。

・アクセサリー
アクセサリーは基本的に”見せる”ために付けているので、「いいね」の一言はうれしいです。また、その日のアクセサリーをピンポイントで率直にほめるのもいいですが、学校などで日常的に会う女の子であれば「いつもおしゃれにしてるの、わかるよ」ということを言外に含んだほめ言葉が言えると素敵だと思います。A先輩から「いつもいろんなネックレスしてるよね」と言われたことがあります。この時すごいなと思ったのは、”いろんな”の部分。アクセサリーは、服とのバランスを意外と考えながら選んでいたりするものなので、いろんなものを付けてることに気づいてもらえていた、というのは、うれしい気分になります。

ただ、彼氏以外の男性がもう一歩具体的にほめてしまうと、やや微妙です。例えば、A先輩が先の台詞のあとに「この前の飲み会のときはクローバーの二連のネックレス付けてたよね」と言ったとしたら、ちょっと引いてしまうと思う。え~そこまで覚えられてるの?と。その飲み会のときに、「そのクローバーのネックレス、ちょっとデザイン珍しいね。おしゃれ」と言われるのは、GOOD(これは実際B先輩の方に言われた台詞)。ただ、後々まで具体的に覚えられてると、なんとなく引いてしまう(^^; すこーしアバウトにほめてみてください。B先輩が言った「ちょっとデザイン珍しいね」も、うまいほめ方だなぁと思いました。

彼氏の場合は細かくほめて覚えてOKのようです。さらに+αなポイントは”新しいアクセサリーを付けてきたときにほめられるかどうか”。デートのときに「今日のそれ、初めて見た気がする」とさらっと伝えられると素敵です。

・マニキュア
大学生くらいになると、あからさまな色を塗っていなくても、さりげなくマニキュアをしている女の子は多いです。A先輩が、これもまたうまい。私とは別の後輩で、服もおとなしめにおしゃれで性格もしっかりした女の子がいるのですが、彼女を「あ、そういえば思ってたんだけど、いつも爪(つめ)キレイにしてるよね」とさらっとほめていました。

指先は、目立たないけど気をつかってるポイントで、かつ、マニキュアを塗ったり取ったり色変えたりするのは、それなりに時間も手間もかかるものでして(^^; アクセサリーのところでも書いたとおり、おしゃれしているそのさりげない努力みたいなものが”報われる感のあるコメント”はGOOD。彼氏であれば色までほめられると素敵。おしゃれな女の子ならカラーもそろえていて、服やTPOに合わせて変えていると思うので。彼氏以外の男性が色までほめると……うーん……女の子によってはNGでしょうか。

あ、ネイルアートは別です。ネイルアートはどんどんほめちゃってください。あれはアクセサリーと同レベルくらいに見せるものです。

・メイク
メイクに関しては、彼氏以外の男性から何か言われると気持ち悪い、という女の子が多いようです。「グロスの色新しい?」は、彼氏ならOK、彼氏以外はNG。また、たとえ彼氏であってもリップメイク以外についての言及はNGぎみだそうです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。