体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発売前から海外で話題の“ワンピーススマホ” シンガポール『アニメフェスティバル アジア』出展をレポート

発売前から海外で話題の“ワンピーススマホ” シンガポール『アニメフェスティバル アジア』出展をレポート

11月10日と11日にシンガポールで開催されたアジア最大級のアニメファンの集い『アニメフェスティバル アジア 2012』(以下『AFA)』。ガジェット通信はここに日本製のAndroidスマートフォン『N-02E ONE PIECE』が出展されるという情報をキャッチ、出展までの動きを取材してきました。会場の模様を含むレポートをお届けします。

発売前から海外で話題に

『N-02E ONE PIECE』は、ドコモが2012年冬モデルとして発表したスマートフォン。国民的人気の漫画『ONE PIECE』とコラボした“ワンピーススマホ”として注目を集めたこの端末が、なんと発売前から海外でも話題になっているというのです。

『TOKYO OTAKU MODE』の『Facebook』ページ

きっかけを作ったのは、漫画やアニメなど日本のオタク情報を海外へ発信するメディア『TOKYO OTAKU MODE』。700万人のユーザーを抱えるこちらの『Facebook』ページに“ワンピーススマホ”の写真を掲載したところ、1万人以上の「いいね!」を集めたのだとか。

『TOKYO OTAKU MODE』はこれを受けて、『AFA』に“ワンピーススマホ”を出展することを決定しました。出展直前に、仕掛け人であるTokyoOtakuMode社CEOの亀井智英さんに取材することができたので、まずインタビューをご覧ください。

TOKYO OTAKU MODEインタビュー「どうだ凄いだろ、というのを見せたい」

TokyoOtakuMode社CEOの亀井智英さん

ガジェ通:今回、『AFA』に“ワンピーススマホ”を出展することになった経緯を教えてください。

亀井:『TOKYO OTAKU MODE』って今まで、ほぼインターネットだけで活動しているんですね。リアルな人たちとあまり接触する機会がない。『Facebook』が使えない中国の人や13歳以下の世代にアクセスすることを考えると、イベントに出てアクセスポイントを増やすのがいいだろうと『AFA』の出展を考えました。

でも、メディアって、見せるものがそんなにないんですよね。僕らが情報を出すときには『Facebook』とウェブサイトがある。ウェブサイトはこちらから声をかけたクリエーターの方たちが投稿できるようになっています。その人たちの作品を展示するというのと、日本で話題になっているサービスを実際に見られるようにする、それと自分たちのサービスを展示するという目的で出展することにしました。

“ワンピーススマホ”を取材させていただいたときに、あそこまでのジオラマというか、スマートフォンを置くスタンドとしてサニー号を作り込んでいるようなものは初めて見たんですね。『ワンピース』スマホを見たときに、「これは持って行った方が面白い」「多くの人に見てもらいたい」と思って「お借りできませんか」というお話をドコモさんにさせていただいて。

去年の『AFA』シンガポールは8万人の来場があったのですが、今年はもっと来るようなので、多くの人たちに見てもらう。あとは海外の人たちがその場所でどういう反応をしているのか見てみたいというのがありました。

あそこまでのディテールで、「あそこまでホントに必要か?」という声はあると思うんですよね。それを作っている、「どうだ凄いだろ」というのを見せたいですね。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会