ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NVIDIA、次世代モバイル向けプロセッサ「Tegra 4”Wayne”」をCES 2013で発表か?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NVIDIAが同社のモバイル向けプロセッサ”Tegra 4”を、来年1月に米国で開催されるCES 2013で正式発表し、翌月2月にスペインで開催されるMWC 2013で詳細を公開する見込みだとFuzillaがその事情を知る複数の人物から得た情報として報じました。”Tegra 4”の正体について同サイトは、NVIDIAが2011年のMWCで公開したTegraプロセッサのロードマップに記載されていたTegra 3”Kal-El”の後継となる”Wayne”としています。NVIDIAはここ数年、年初にモバイル向けプロセッサの新モデルを正式発表していたことから、来年のCES 2013でも新モデルが発表されると予想されています。情報が正確なものだとすると、予想通りということになります。これまで、新モデルの発表時にはそれを採用した端末メーカーの製品も披露されていたことから、来年のCES、MWCではTegra 4スマートフォン・タブレットが披露される可能性もあります。Tegra 4になる見込みの”Wayne”の詳細は公開されていませんが、Tegraプロセッサのロードマップによると、性能はTegra 3の2倍、Tegra 2の10倍高いとされています。かなり前の流出資料によると、2013年中の出荷が予定されているT40、T43、AP40の3製品は、現行のTegra 3のように”4-Plus-1”アーキテクチャーをしたクアッドコアプロセッサで、CPUコアがCortex-A9からCortex-A15に変わっています。別筋の情報によると、”Wayne”には2種類のSoCがあり、一方は、4コアCPU+24コア GPUを採用したスマートフォン、タブレット向けSoC。もう一方は、8コア CPU+32~64コア GPUを採用した好悪性能タブレット、ネットブック向けSoCで、DirectX11、OpenGL4.x、OpenCL 1.x、NVIDIA PhysX物理エンジンなどもサポートしていると伝えられていました。Source : Fudzilla



(juggly.cn)記事関連リンク
スペインの小売業者、Nexus 4のメーカー希望小売価格がGoogle直販価格よりはるかに高いことを理由に販売を見合わせ
iPad mini、Nexus 7の落下・水没テスト(動画あり)
Lenovo、インド市場でAndroidスマートフォン5機種(K860、S880、S560、P700i、A60+)を発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。