体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天才ゲームクリエイター飯田和敏・インタビュー「結婚しようかという話になった」

iida_photo11

海底をスイスイ泳ぐゲーム『アクアノートの休日』や、原始人を操作して遊ぶゲーム『太陽のしっぽ』をご存知だろうか? どちらもプレイステーションのゲームなのだが、きっと皆さんもどちらかは遊んだことがあるはず! どちらも革命的なゲームとして世に知られており、そのゲームを創造した天才ゲームクリエイター・飯田和敏さんも、ゲーム業界で知らない人はいないというほど有名だ。

そんな飯田さんが新たに創造した新作ゲームが、Wiiウェア専用ソフト『ディシプリン*帝国の誕生』だ。これは、Wiiウェアとして8月25日に配信される予定で、内容は意味不明なので説明を割愛させていただく。今回の飯田さんインタビューは、東京ゲームショウについてのお話がメインとなっています。どうぞお読みください。

・そして『ディシプリン』が生まれた
記者  『ディシプリン』を作るきっかけは何だったのでしょうか? 発売元のマーベラスエンターテイメントさんからゲームを出すことになったきっかけをお教えください。

飯田  えとねぇ、まあ、和田さんっていうマーベラスエンターテイメントのプロデューサーとちょくちょく会っていたんですよ。イベントでよく顔をあわせることが多くて、「また会いましたね」「今度じゃあまた」とか会話してました。いつだったか、和田さんに「そろそろゲーム作らないんですか?」と言われたんですよ。

記者  それはある意味「ウチで作りませんか?」というラブコールでは!?

飯田  もちろん、「作りたくない」と言いましたよ。

記者  えぇ~!? ど、どうして。

飯田  「作りたくない」ってハッキリ言ったんですけど、会うたびに聞かれるので、社交辞令じゃなくて本気なのかなあと、ちょっと思ったんです。

記者  和田さんは本気だったんですか?

飯田  本気だったようですね。何回目かに会った時にまた聞かれたので、「ああ、この人本気なんだな」って。その日会話したことを、和田さんがわざわざ僕にメールしてくれたんですよ。「昨日の飯田さんはどうか(同化)してましたね」って。

記者  また、同化ですか。どんなふうに “今日した会話” をメールしてくださったんですか?

飯田  たとえば、「三池崇史のマンガ『殺し屋イチ』のポイントはココだ!」と飯田さんは言ってましたね。みたいな感じですね。

記者  なるほどー。

飯田  まとめメールを書いてくれて、「ああ、そういう話してたんだ」と振り返るわけです。和田さんが僕の話したことに興味があると、どんどん聞いてくるんですね。もっと深く知ろうとしてくる。そこでわかりましたね。社交辞令ではなくちゃんとコミュニケーションしたがっているんだな、なんか本気なんだなと。

記者  なるほど。飯田さんのトークを聞き流さずに、和田さんはちゃんと受け止めてくれていたわけですね。

飯田  本気な人が現れたら、まあ本気にならざるを得ないですよね。たとえるならば、目の前に裸の女があって、君は裸にならないのか? と。そういう状況だったわけです。

記者  ……軽いセクハラですね(当記者は女子です!)。

飯田  それで和田さんと話をしていって、自然な流れで「結婚しようか」という話になった。そして「結婚したからには、子ども産もうか」という話になったわけですよ。結婚したらすることしますからね。……うへへ。

記者  それはいつ頃のお話なんですか。

飯田  それはね、2008年です。まあその1~2月あたりにはそういう関係になり、逢瀬を重ねるうちにだんだん愛が深まっていった感じです。それからだいたい2008年の6月くらいまでの5か月間くらい、なんかこうイチャイチャイチャイチャしていたわけですよ。イチャイチャしている期間が長ければ長いほど、早いじゃないですか、子どもが産んだりとか。だよね?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。