体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イカす! 『コカ・コーラ ゼロ』と『007 スカイフォール』のコラボイベントでスカイツリーのふもとに巨大オブジェが出現 イベントは今日明日開催

イカす! 『コカ・コーラ ゼロ』と『007 スカイフォール』のコラボイベントでスカイツリーのふもとに巨大オブジェが出現 イベントは今日明日開催

東京スカイツリーで本日10月13日と明日14日に『コカ・コーラ ゼロ』と映画『007 スカイフォール』のコラボイベントが開催されると聞いて、浅草在住の筆者が自転車で行ってきましたよ。スカイツリー入り口に近いイベントスペースのスカイアリーナに巨大オブジェを出現させたというのですが、どんなものなのでしょうか。

※記事には多数の写真を掲載しています。すべてが表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

高さ2メートル50センチ、幅3メートルの巨大オブジェ

ありました! 『コカ・コーラ ゼロ』の缶で組み上げられた高さ2メートル50センチ、幅3メートルの巨大オブジェには、赤く光る「007」の文字が。なかなかの迫力ですが、いつもの『コカ・コーラ ゼロ』の缶とは少し違うようです。

『007 スカイフォール』とのコラボ缶

オブジェを構成する『コカ・コーラ ゼロ』の缶は、10月1日から販売を開始した『007 スカイフォール』とのコラボデザインのもの。ジェームス・ボンドの姿がプリントされていて、なかなかカッコいい。

ボンドがいない缶があります

オブジェをよく見てみると、ジェームス・ボンドがいない缶が混ざっています。実はこのイベント、オブジェの中から7秒間に“007”のジェームス・ボンドがいない缶7本を探し当てると、7本の『コカ・コーラ ゼロ』がプレゼントされるという参加型のイベントなのです。それにしても7づくし。

オブジェ正面。ボンドがいない缶はどれか分かりますか?

オブジェを正面から見てみると……なるほど、いくつかありますね。側面を含めて7本のボンドがいない缶を探してください。銃声を合図に、『007』のテーマ音楽が流れる間の7秒間にすべて見つけなければいけません。

筆者も挑戦してみましたが、遠目に確認していた缶の位置は近くに行くと意外と分かりづらく、テーマ曲が気持ちに拍車をかけるのか、あっという間に7秒が経って時間切れになってしまいました。

オブジェの前には黒山の人だかり

イベント開始の11時直前には、オブジェの前は黒山の人だかり。その場にいる人はだれでも参加できるので、順番待ちの人たちが行列を作っていました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。