ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

光学式10.7倍ズームと約5コマ/秒の高速連写を実現したリコー『CX 2』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
cx2

2009年3月に発売されたリコーのコンパクトデジタルカメラ『CX1』の後継機種となる『CX2』が、リコーから9月11日に発売されます。価格はオープン。光学式10.7倍ズームをコンパクトなボディに搭載し、最高記録画素数の静止画で約5コマ/秒の高速連写を実現しています。

厚さ29.4mmのボディに、広角28mm~望遠300mmの光学10.7倍ズームを搭載。室内でのワイド撮影から、屋外での望遠撮影まで幅広く対応します。レバーを回し続けると高速ズームに変化するズーム機能を採用しています。

連写モードでの高速連写機能を向上。最大記画素数の静止画で、約5コマ/秒の高速連写を実現しました。VGA(640×480)の画像サイズでは、約1秒間に120枚(120コマ/秒)、または約2秒間に120枚(60コマ/秒)の超高速連写も可能です。

画像処理エンジンには『CX1』と同様、『スムースイメージングエンジンⅣ』を採用。CMOSセンサーとの組み合わせにより、高精細かつノイズの少ない高画質画像の撮影を可能にしています。

明暗差の大きいシーンで白とびを低減する『画素出力補間アルゴリズム』、日向と日陰が混在するシーンで人の目で見た色を再現する『マルチパターン・オートホワイトバランス』の機能が利用できるほか、人の目で見た印象と近い画像を記録する『ダイナミックレンジダブルショットモード』に、自動で最適な露光差を設定するオートモードを追加しました。クリエイティブな絵づくりをするために、コントラストを強調した撮影ができる『ハイコントラスト白黒モード』、画像の天地をぼかして撮影する『ミニチュアライズモード』も利用できます。

オートフォーカス(AF)では、シャッターボタンを半押ししなくても自動的にピントを合わせる『プレAF』、半押しの間に被写体の動きを検出すると、被写体の動きに合わせて自動的にピントを合わせる『コンティニュアスAF』の機能を搭載しています。

■『CX2』主な仕様
有効画素数:約929万画素
撮像素子:1/2.3型CMOS
記録メディア:内蔵メモリー(約88MB)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
焦点距離:f=4.9~52.5mm(35mm フィルム換算:28~300mm相当)
F値:F3.5(W)~ F5.6(T)
デジタルズーム:4.8倍(光学10.7倍と併用して最大約51.4倍)
撮影可能範囲:
標準 [広角]約30cm~∞/[望遠]約1.5m~∞
マクロ [広角]約1cm~∞/[望遠]約28cm~∞
ズームマクロ 約1cm~∞
本体サイズ:W101.5×D29.4×H58.3mm(突起部含まず)
本体重量:約185g(バッテリー、メモリーカード、ストラップ含まず)、付属品約23g(バッテリー、ストラップ)

■関連記事
リコーのコンパクトデジカメレビュー『 CX1』と『GX200』をさわってみた【製品レビュー】
リコーの高級コンパクトデジタルカメラ『GR DIGITAL III』に込められた強烈な信念
自転車になんでも取り付けちゃうぞ! 『デジカメスタンド』を付けて撮影してみた

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。