ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』黄瀬総監督×冲方丁インタビュー「不完全な草薙素子を描きたかった」
  • 『リアル鬼ごっこ』トリンドル玲奈インタビュー「考えさせられるセリフが多くて頭の中がグルグル」
  • お猿の菊千代&G1レース出走馬シャコーグレイド! 『超高速!参勤交代』の芸達者アニマルに注目
  • 漫画家・いがらしみきおインタビュー「頭の中の“ゼロ次元”が映画になった事が嬉しい」
  • チェイニー元副大統領を演じる役作りのため、クリスチャン・ベイルが肉体改造へ
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 自宅で手軽にキレイに映画を見る3つのポイント
  • スピルバーグの新作海外ドラマ『フォーリング スカイズ』が日本で独占放送開始するぞ!
  • ディズニーアニメから超カルト作まで! 『ゆうばり国際映画祭』のラインナップが今年もヤバすぎる
  • 『カメ止め』クリエイターがさらなる<ネタバレ厳禁>をひっさげ再集結!『イソップの思うツボ』予告編
  • アレクサンドル・アジャ監督作『ホーンズ 容疑者と告白の角』 ラドクリフらが200匹の蛇と共演した感想を語る
  • 『アイアンマン』に選ばれた日本製品・コラントッテ社長にいろいろ聞いてみた! エキストラ出演してどうだった? マーベル社との交流は?
  • 『呪怨』の伽椰子がインスタ開始! 「触れた者は命を失う強力な呪念を持ちますが、裏の顔は優しいお母さん」
  • 『チャーリー・モルデカイ』L.A.プレミアが開催 愛娘はジョニデの新キャラに興味なし? 「父親は”変わり者”だと気付いたらしいんだ」
  • 元証券マンが46歳で転職! 『アイアンマン3』のCGクリエイター・マサ成田氏インタビュー「何をするのにも遅すぎることはない」
  • 「特別で無いと人生の意味がない」というプレッシャーが恵まれた若者達を犯罪に走らせた『アメリカン・アニマルズ』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

リコーの高級コンパクトデジタルカメラ『GR DIGITAL III』に込められた強烈な信念

GR DIGITAL III


先日の記事でもお伝えしたとおり、リコーから最新型高級コンパクトデジタルカメラである『GR DIGITAL III』が8月5日に発売開始された。スペック的な部分もさることながら、その製品思想の部分に並々ならぬ開発陣の意気込みか感じられたため、今一度整理してみたいと思う。結論から言うと、この『GR DIGITAL III』には非常に強い信念が感じられる。

GR 3代


– デザインを変えないという確信
発表会でリコー パーソナルメディアカンパニー プレジデント湯浅一弘氏が冗談めかして言っていたのは「もし(旦那さんが『GR』シリーズを)買い換えたとしても、奥さんにばれないですよ」という笑いを誘う例えであった。そのくらい、今回の『GR DIGITAL III』のデザインは前機種と酷似している。フロントに刻印を彫りこみ、高級感がアップしている点で見分けることはできる。このデザインを受け継いだ理由は、GRユーザーからの声とこの大きさ、スタイルへの信頼であるという。ユーザーの信頼が「変わらないデザイン」という解を導き出したとも言えるのではないだろうか。

img_6472e5889de4bba3efbd9eiiie381bee381a7


– カメラとしての快適さを追従する姿勢
記者がスペック表に載らない部分で感銘を受けたのは、全体のレスポンス性能の向上である。発表会では『GR DIGITAL(初代)』『GR DIGITAL II』『GR DIGITAL III』が手に取れる場所に複数展示され、手にとって比較できる状態となっていた。実際に『GR DIGITAL II』と『GR DIGITAL III』を同時起動し、同条件で試写するとその違いが歴然となる。特に起動の速さ、そして最高画質で撮った後のメモリ書き込み~撮影可能体制への移行については、開発陣の努力の跡が見える。レスポンス向上のみならず、像面湾曲の克服のために新方式採用となったマクロモードなどにも注目したい。レンズの一部が移動し、マクロモードに最適なポジションをキープするという機構は、特定のカメラ好きから確実に賛辞を得られるものの、気づかぬ人も多い部分であるかもしれない。しかし、このこだわりが『GR』というブランドの姿勢であるという点でも象徴的である。そういった意味では、『新GR LENS』で採用された「28mm/F1.9」というスペックにも、数字のみでは語れない研鑽(けんさん)があったであろうことを察せざるを得ない。

リコー 湯浅プレジデント


– 必ずコンデジに戻ってくる
「美しい写真には必ず“一眼レフ”が必要であるという考えからの脱却」――これは、ユーザーに向けて放ったフレーズであるとともに、製品そしてカメラを知り尽くしている開発スタッフ自身への問いであるとも言えよう。現在のカメラ(デジタルカメラ)市場においては、「製品自体は行き渡り、現状は高画質化、高性能化へ向けた底上げが図られている」というのが業界の見識であるらしい。そうした高画質、高性能化という点では、『GR』シリーズのような”コンパクト”デジタルカメラ(コンデジ)は一見、不利に見えるようでいて、(逆説的ではあるが)チャンスである。すなわち高画質・高性能であればコンデジでも良いはずだからだ。それを裏付けるのはリコー湯浅氏の言葉である。以下に、発表会でのコメントを引用する。

「公の場でこれを話すのは初めてなんですが……。社内的にはケータイで写真になじまれた方、それに準ずる方がいきなり一眼レフに行ってしまうのではないかという心配がありましたし、そういった助言も頂きました。そして、確かにそういう現象も起こっています。『一眼レフだから良いのだ』という『一眼レフ信仰』みたいなものがあると思うんですね。そして、いい写真を撮るためには一眼レフなんだ!という人口が増えているのは事実だと思います。こうした人たちをリコーでは社内的に『オーバーシュート』と呼んでいるんです。一眼が良いんだ、と”思い込んで”一眼レフを使っている人はたくさんいらっしゃると思う。しかし、その人たちにとって、一番良い道具は『GR DIGITAL』なんだ、と信じて疑いません」。

「オーバーシュートの方は必ず(コンデジに)戻ってこられる。なぜならばそれはオーバーシュート(行き過ぎ)だから、という風に私は思っています」。

■関連記事
【速報】リコー、GR DIGITAL IIIを発表
リコーのコンパクトデジカメレビュー『 CX1』と『GX200』をさわってみた【製品レビュー】
オリンパス、『マジックフィルター』など新機能を搭載したコンパクトデジカメ3機種発売へ

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき