体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どんな平面でも使えるレーザーマウス『Logicool Anywhere Mouse M950/M905』

anywheremouse1

マウスパッド要らずで快適なうえ、精度の高い操作が可能なレーザーマウス。唯一の弱点は、ガラステーブルの上など光沢面の上ではセンサが光を検出できず、使えなかったことです。この弱点を克服し、どんな平面でも使える新製品『Logicool Anywhere Mouse M950』『Logicool Anywhere Mouse M905』が開発されました。ロジクールが2009年中に発売を予定しています。現在のところ価格は未定です。

今回開発した技術は、『Darkfield レーザートラッキング』というもの。暗視野検鏡法(dark field microscopy)と呼ばれる技術を応用し、2本のレーザーでマウスの移動を検出します。暗い背景で、表面に付着した微小な粒子や傷が拡散させた光を検出し、その光の位置変化をマウスの移動として認識させる仕組み。これにより、ガラス面(厚さ4mm以上)、大理石、アクリル塗装面などを含む、ほぼすべての平面でレーザーマウスが使えるようになります。従来は、表面の凹凸などによる反射光の変化を認識していたため、表面が滑らかな素材は苦手としていました。

『M950』は、充電式電池を採用したフルサイズの製品。右手の外側に向かって傾斜し、自然な手の握りにフィットするカーブ形状で、長時間の使用でも疲れにくくなっています。

anywheremouse2

『M905』は、持ち運びに向くコンパクトな製品で、キャリングケースも付属。手にフィットするカーブ形状を採用しています。

■関連記事
手のサイズに合わせて選べる!“秘められたパワー”を持つマウス『ONYXシリーズ』
変形すれば持ちやすい!カードサイズのUSB光学マウス『Donyaダイレクト DN-MO 004R』製品レビュー
高さ13mmのスタイリッシュな薄型マウス『ポケットマウス』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。