体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『機動戦士ガンダム』コラボおとうふシリーズ第2弾 今度は鍋攻略専用ズゴックとうふ!

top

相模屋食料は、アニメ『機動戦士ガンダム』とのコラボレーション商品第二弾として、ジオン公国軍専用モビルスール『ズゴック』とコラボした『鍋用! ズゴックとうふ』2012年10月3日に発売! パッケージはもちろんズゴックをモチーフにした容器で、頭部を水面から連邦軍をうかがう様子に見立てるために、『ズゴック』を前屈み25.9(ズゴック)度の姿勢にするこだわりっぷり。

今回発売される『鍋用!ズゴックとうふ』は、これからの寒い季節のお豆腐の食べ方である“鍋料理”に合わせられるように、煮崩れしにくい鍋用のおとうふに仕上げられています。味わいは水陸両用モビルスーツ『ズゴック』ならではの潮の香りをイメージされており、ほんのり昆布風味にしたことで、寄せ鍋やすき焼きなど、色々なお鍋に合わせることができるそうです。また、独身の方にも嬉しい配慮で一人鍋が楽しめるサイズにもなっています。

嬉しい限定付属品付き

ズゴック・クロー・フォーク

付属品には3月に発売した『ザクとうふ』で大好評であった『ヒート・ホーク・スプーン』に続き、今回は『ズゴック』の両腕にあるクローをイメージした『ズゴック・クロー・フォーク』を数量限定で同梱するそうです。フォークはクロー部分を支えに、自立可能! 

様々な鍋ジオラマが自分で作れちゃう!

ジオラマ鍋

色々な味に合わせやすい昆布風味にしているということで、オリジナルジオラマレシピも多彩に楽しめます。例えば、よせ鍋でベルファスト風にしてみたり、豆乳鍋で北極戦線、また、キムチ鍋など、スープが赤い鍋にすると……!? というように想像力、創作力がかきたてられますね。

主な販売ルートは関東地区を中心としたスーパーマーケットやショッピングモールなどで、順次販売を開始するそうです。

鍋用!ズゴックとうふ特設サイト http://sagamiya-kk.co.jp/zgok/[リンク]
(C)創通・サンライズ

すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。