ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おやつは仕事効率アップに効果あり!?  ウェブ・広告系ビジネスパーソン400人の『オフィスおやつの実態調査』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
おやつは仕事効率アップに効果あり!? ウェブ・広告系ビジネスパーソン400人の『オフィスおやつの実態調査』

半数近くが「週4日以上」仕事中におやつを食べ、8割以上がおやつは「仕事に良い影響」があると回答――インターネット調査のネオマーケティングは、ウェブ・広告系ビジネスパーソン男女400名を対象に『オフィスおやつの実態調査』を実施。おやつと仕事の意外な関係を明らかにしました。彼らは、おやつを仕事にどう生かしているのでしょう?

『オフィスおやつの実態調査』オフィスおやつは業務によい影響を与える?

同調査の結果によると、おやつを食べることを禁じるオフィスはわずか4.2%。ほとんどのオフィスでは、仕事中のおやつを許可しているようです。「ビジネスタイムのなかでおやつを食べる頻度は?」という質問では、「毎日(24.5%)」「週4回(14%)」「週3回(18.5%)」「週2回(17%)」と、週複数回食べるという回答が目立ちました。おやつに使う金額は「500円以下(55.5%)」「501~1000円(21.2%)」「1001~2000円(17%)」がほとんどでしたが、なかには「1万円以上(0.3%)」と回答した猛者も。いったいどんなおやつ貴族なのでしょうか……!?

『オフィスおやつの実態調査』おやつを食べる時間帯は?

おやつを食べる時間帯は、午後14時~16時のいわゆるおやつの時間が51%、そして16時~18時の小腹が空く時間が45.3%と回答した人が圧倒的多数でした。食べるシチュエーションは「休憩中(33%)」よりも「仕事しながら(業務時間中、69.6%)」、場所は91%の人が「自分のデスク」と回答しています。おやつは休憩アイテムというよりは、“心強い仕事のパートナー”と言えそうです。

『オフィスおやつの実態調査』行き詰まったときにたべるおやつは?

「仕事に行き詰まったときに食べたいおやつの種類」トップ3には、「甘いもの(78.3%)」「噛みごたえのあるもの(21.3%)」「すっぱいもの(19.8%)」がランクイン。糖分の補給や刺激でパフォーマンス向上を図ろうとするビジネスパーソンの心理が伺えます。

『オフィスおやつの実態調査』オフィスのおやつ「マイルール」は?

また、おやつを食べるときに「マイルール」を設定していると回答した人は37.3%。「ランチ後の眠気にはガムで対抗(19%)」「残業中は必ずチョコレート(14%)」のほか、「おやつを買ったら上司・同僚におすそわけ(6.8%)」「会議には必ずミントを食べて臨む(6.5%)」など、「いつどんな風に食べるか」を決めているようです。

「マイルール」エピソードには、「おやつを人に分けることでコミュニケーションツールにしている(30歳女性)」「調整ごとの多い会議でアメを出したら、リラックスして本音で話し合えた(33歳男性)」「モチベーションアップのためにお土産を買ってくる暗黙の習慣がある(32歳男性)」などユニークな意見もちらほら。おやつはオフィスの潤滑油としても機能しているんですね。

仕事の効率アップ、職場のコミュニケーションツールにと、おやつのポジティブな側面を上手に活用することも、ビジネススキルの一環なのかもしれませんね。調査期間は2012年7月20日~23日、アンケートサイト『アイリサーチ』システムによるウェブアンケート方式で実施。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。