ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【原発20キロ圏内のリアル】1年4ヶ月電車が通らない駅と線路をみてきた―JR木戸駅(楢葉町)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東京電力福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域のなかにはJR常磐線の駅が7つ存在する。

それらの駅を常磐線に沿ってひとつずつたずね、駅とその周辺の今の様子を紹介していく。まず紹介するのは楢葉町にある木戸駅だ。

JR木戸駅(楢葉町)

Jビレッジに近い木戸駅。赤い屋根がかわいい昔ながらの駅という風情。駅舎はドアが開けっ放しだった。

ホームに出てみても、特に地震の影響は見られない。

この辺りの線量は0.5μsv/h程度。郡山や福島よりも線量は低めだ。

電子書籍版ではより高解像度の写真をご覧いただけます

※電子書籍版「原発20キロ圏からの報告-JR木戸駅」

※「原発20キロ圏内のリアル」は、福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けする連載企画です。

木戸川シャケの記事一覧をみる ▶

記者:

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP