ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「34のおっさんだけど真剣に綿菓子屋さんになりたい」東京で本日オープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

34のおっさんだけど真剣に綿菓子屋さんになりたい

はじまりは、ただのおもいつき。

2chVIPで立てた『本気で綿菓子屋さんをやりたいと思ってる』スレ。出来たらいいね、楽しいねくらいなものだった。

2012年6月、無職34歳。

34歳にもなるとバイト見つけるのもままならない。職がない! どこも雇ってくれない! どうするおっさん!

人生詰んだおっさんが出した答えは
「無いものを探すより0から作っちまおう!」
「雇ってくれないなら俺が雇い主になろう!」
「そうだ! 綿菓子屋さんをやろう!」

俺は、2chに立てた夢物語を現実にしてやろうと決めた。

34のおっさん、準備をはじめる

ゴミ捨て場から廃材を掻き集め、足りない物は100均で購入。3日掛け、念願の屋台完成!他にもエプロン・のぼり・チラシ全部自作して制作費10,000円弱に抑えた。

営業場所はどうする?問題ない。うちには月極駐車場がある。17台駐車場に5台しか契約のない赤字駐車場。2台分のスペースがあれば営業出来る。

その日のうちに保健所・市役所に営業許可を申請。あっという間に申請が下りた。

そんなこんなで「綿菓子屋さん ふわり。」開業準備整う。婆ちゃん譲りの行動力で、準備に3日掛からなかった。

2012年6月7日

明日は綿菓子屋オープン。
「ふわり。」の名前を考えてくれた2chVIPに報告。
みんなの声援が温かい。 『頑張れよおっさん。 応援してるぞおっさん。』
ありがとう、ありがとうおまいら!!
おっさん頑張るよ!詰んだ34歳でも夢叶うってトコ見せてやんよ!!

オープン当日。

なんと婆ちゃんが来てくれた!

嬉しい……お祝いに来てくれんだ。泣きそうになりながら、駆け寄る婆ちゃんに手を降った。
「婆ちゃんありがと!俺ガンバルから!」
婆ちゃんとの熱い抱擁が待っているはずだった。待っていたのは、人生初、婆ちゃんからのビンタだった。

婆ちゃん「恥さらしがぁ!!今すぐ止めえええええ!!」
俺「えええええええええ!!!」

敢え無く、綿菓子屋はオープン目前にして廃業。婆ちゃんはその日のうちにに材木屋に連絡、回収、裁断、焼却。俺の屋台は……跡形もなくなった。さすがは婆ちゃん……行動力パナい……。

あまりの無念に涙が出た。
さようなら、おっさんのかわいい夢。

(綿菓子屋さん ふわり。 福井編) エンド

綿菓子屋さん、東京へ

その後、知人の紹介もありガジェット通信で働く為、上京した俺。家賃3万円の生主ハウスに住む事になり、お引越し。

俺「お世話になります」
家主「綿菓子屋は?w」
俺「もう言わんで下さい……。」
家主「ふーん、ここでやればいいじゃん?」

ガチでマジで!?

奇跡が起こる。
貯金も無い、職も無い、34歳のおっさん。なんと東京で綿菓子の店を出す事になった!

それからは寝る間も惜しんで2日掛けて『綿菓子屋さん ふわり。』1号店完成。生主ハウスの住民達も協力してくれた。

そして、本日。2012年7月1日、オープン初日。今、この記事を書きながら開店準備を進めています。

「俺、東京で綿菓子屋さんやるよ」

婆ちゃんにメール送信。返信は、まだない。

いつか婆ちゃんに俺が作った綿菓子食わせて
「よくやった!さすが私の孫!」
と言わせるのが夢。

また夢がひとつ増えた。

34歳無職、改め、34歳綿菓子屋さん店長。
まだまだ人生楽しめそうです。

(綿菓子屋さん ふわり。 東京編) スタート

力也配信!-ニコニコミュニティ

力也の記事一覧をみる ▶

記者:

雑談系生主として福井で活動するが2012年7月に上京。ガジェ通スタッフとなる。2chVIPで「綿菓子屋さんふわり。」をオープンなど奇行は数知れず。

ウェブサイト: http://rikiyahaisin.web.fc2.com/

TwitterID: lilyfilter

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP