体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憲法を変えずに国民投票による首相公選制を実現する方法

過去20年間の各国リーダーの顔ぶれ

日本のリーダーである首相選びの制度がおかしいために、首相がコロコロと入れ替わっています。

これを、国民投票で決める形にしようというのが「首相公選制法案」です。しかもこれ、憲法を変えずに実現できるそうです。一体どうやって実現するのでしょうか。

要約すれば「国民投票の結果を受けて、それを国会で議決し、天皇陛下が国会の指名に基づいて任命をおこなう」とのことですが、果たしてどのような方法なのでしょうか。ききては東京プレスクラブの松島記者、説明してくれるのは、参議院議員の松田公太さんです。政党内のゴニョゴニョで国のリーダーが決まる今のやり方ってほんとに変ですよね。

資料
https://docs.google.com/file/d/0B4G7ozI5wFqrTzJyemZGQmc4UTA/edit

動画
http://youtu.be/rkuyJiS_qus [リンク]

コロコロかわる、日本の首相

記者
本日は首相公選についてお話をお伺いしようと思います。
日本のリーダー、総理大臣は最近5年間で6人交代していますよね?

松田
私は参議院議員になる前に2年間シンガポールに住んでいました。シンガポールはいろんな国からいろんな方々が集まるんですが政治の話になるとまず聞かれるのが「日本の総理大臣は誰だっけ?」と。最近コロコロ変わるので覚えてられないよと言われてしまいます。

今年1月にダボス会議に出席した際も、ある国のリーダーとお話をしていると「今年は日本の総理大臣は来ないのですね?、来てもどうせ違う人になるんではないの?」という風に言われてしまう。非常に情けない悲しい状況なんです。

ここ20年間の各国のリーダーの顔ぶれをパネルにまとめてみました。上からアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国、台湾、一番下が日本です。これだけ人数に差がある。日本以外では韓国が一番多いのですがそれでも20年で5人です。他の国は凡そ3名から4名。大統領制だからではないかという人もいらっしゃいますが確かにアメリカは大統領制です。その下はイギリス、日本と同じで大統領制ではありません。議員内閣制です。フランスは大統領制、ドイツは首相です。ですから必ずしも大統領制だから長いというわけでもなく単純に日本の仕組みがオカシイのではないか?ということです。

ここに並んでいる首相を30代以下の方に全員の名前を言えるかというと言えない人のほうが多いのではないでしょうか。日本国民でさえ言えない人の方が多いのではないかと言う風に思います。こんな状態では国際社会でリーダーシップを発揮する、プレゼンスを高めるということは絶対無理だと思います。国内でも政策であったり改革を首相がリーダーシップをとって進めることは難しいと思います。一年しか任期がないということが続いてますが一年だと会社の社長でもやることがありません。

頻繁な首相交代劇は日本を停滞させる

記者
一年なんて普通の会社だとあっという間に過ぎて行きます。ついこないだ正月だったのにもう正月か! みたいな感じですよね。

松田
飛ぶように時間は過ぎます。会社の社長、組織のトップといったところにも適応出来ると思いますが最初の1、2年というのはある意味練習期間というか助走期間という部分も多少あります。いろんな仕組みを考えて変えて行こう、というのは2年目以降となると思いますがそこにも至らずに日本の首相は終わっていってしまうという状況が続いています。今の日本の政治が停滞しているというのは首相がかわり続けているということと同じことだと思います。

1 2 3 4 5次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。