体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【渡米取材】日本×アメリカ『クォーターパウンダー』対決!

みなさーーん! ジャンクフード愛してますか~? ハンバーガー、ちゃんと食べてますか~~? ……ってテンション高くあげておいてアレですが、別にそんなにハンバーガー好きじゃないんですけどね、私。でも、年に何回かムショーーーに食べたくなるんですよね。“I’m Lovin’ It”って事で今回は、最近話題のマクドナルドの『クォーターパウンダー』は、はたして日本と同じなのか調べるべく、わざわざアメリカまで行って食べ比べてみましたよ。

アメリカでファーストフードを食べたことある人なら分かると思いますが、日本と比べてサイズがかなり大きく感じませんか?ポテトもドリンクも「Mサイズとかいって、これ絶対に日本のLサイズやん」って感じだし、ハンバーガーもいい感じにしっとり冷めてて水分多め、見た目もデカメだし、ひょっとして日本とアメリカだと今食べてるクォーターパウンダーの重さも違ったりするのかしら?なんて事を新宿でクォーターパウンダーをかじりながら考えていたわけです。

「思い立ったが吉日!」と言わんばかりに調べてみることにしました。さっき食べていたのは途中まで食べちゃったので、もう一個持ち帰りで買ってみました。既にこの時点で若干うんざりしています。

じゃーーん! 愛用のキッチンスケール。東急ハンズで1000円です! まずは、クォーターパウンダーの重さを量ってみます。紙ナプキンの重さはきちんと引いてありますのでご安心を。

183グラムです。次に、肉の重さを量ってみます。

75グラム。ふむふむ。思ったより少ないなぁ。

次にアメリカのクォーターパウンダーを量りに行くことに。クリスマスシーズンという事で派手なところに行くのが良いだろうと思い、ちょっくらラスベガスまで飛んでみることにしました。いざ、出発!

それから数日後。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会