体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ブラックパンサー』激熱アクションの立役者に聞く裏話「車がウィリーしてガソリンが漏れ、現状復帰の為“猫砂”4,000袋を使ったよ(笑)」

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

全米で空前の大ヒット、全世界の映画業界を席巻したマーベル・スタジオ製作の超話題作『ブラックパンサー』が、7月4日(水)にMovieNEXで発売、現在先行デジタル配信開始となります。

先日解禁となった本編映像7分では、ロケ地となった韓国・釜山でのカッコよすぎるカーチェイスシーンを観る事が出来ますが、このアクション撮影に大きく関わっているのがセカンドユニット監督のダリン・プレスコット氏。これまで、『ベイビー・ドライバー』『ジョン・ウィック』『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』など数々のヒット作品に携わっています。

【動画】『ブラックパンサー』で最もテンションのアガる本編映像7分解禁!
https://www.youtube.com/watch?v=zloULzhBe_U [リンク]

今回はそんなダリン氏にインタビューを敢行! 『ブラックパンサー』の魅力や、あのシーンの裏話などを伺いました。

――『ブラックパンサー』は世界中で大ヒットを記録しましたが、ダリンさんはこれほどのヒットを予想していましたか?また、ダリンさんが思うヒットの要因は何ですか?

ダリン氏:私自身も含めて、こんな規模の成功は誰もが予想していませんでしたよ。ですからそれが、アメリカ国内はもとより、世界中であれほど驚異的なヒットを記録したのは、月並みなフレーズとは言え、まさしく”嬉しいサプライズ”といった感じで、この映画に携わった人々は皆、心底興奮しています。

ヒットの要因に関しては、まず何にも増して、ライアン・クーグラー監督のストーリーテラーとしての並外れた才能に依るところが大きいと思いますね。彼は本作で、マーベル・シネマティック・ユニバースを新たな次元に押し上げたと言っても過言ではありません。また、とりわけアメリカを中心とした西欧社会が現在抱えている様々な課題や事象をテーマに取り上げているという点で、非常にタイムリーな映画だというのも、観客の共感を呼んだ理由の1つだと思います。そしてもちろん、素晴らしいキャラクターたちや、これまで目にしたことのない斬新でスタイリッシュなビジュアルも、世界中の観客を魅了した要素なのではないでしょうか。

――私は『ブラックパンサー』の撮影後にロケ地となった釜山に取材に行ったのですが、釜山が選ばれた決め手とはどんな事でしょうか?

ダリン氏:私がこの作品に参加した時点で、監督はすでに釜山でロケ撮影をすることに決めていたんです。最初にライアンからそのアイデアを聞かされた時は、「チェイスシーンを撮るのに、なぜわざわざそんな遠くまで行く必要があるんだ?」と正直首を傾げたのですが(笑)、監督と連れ立って実際に現地を訪れ、あちこち見て歩きながらロケハンをした際、どうしてこの街で撮りたいと思ったのか、また、どこをどう生かして、どういったシーンが撮りたいのかといった監督の意図が明確に理解できて、たちまち納得が行きました。

釜山はとても美しい街であるというだけでなく、これまで訪れた世界中のどの国や街ともまったく違った、ユニークな趣があります。坂道の多い港町という点で、サンフランシスコを彷彿とさせる部分もありますが、眩いネオン街から海岸沿いのビーチ、人でごった返す魚市場(*チャガルチ市場)からライトアップによって次々と色を変える巨大な橋まで、とにかくスクリーン映えするアイコニックな景観で埋めつくされているんです。そのうえ、光や色彩、街全体に漂う空気感といったものが、この映画のトーンと見事にマッチしていました。あのシーンのロケ地として、釜山は完璧なチョイスだったと思いますよ。

――釜山でのカーチェイス、バトルシーンは映画の中で最もテンションが上がるシーンになっていますね。

ダリン氏:私が参加した段階で、監督の頭の中ではあの一連のチェイス・シークエンスをどこでどう撮るか、そしてそれが最終的にどんなビジュアルになるのかといったように、かなり具体的な構想がもう出来上がっていたんです。でも協調性を重視する根っからのコラボレーターである彼は、私が思いついたアイデアの数々にも積極的に耳を傾けてくれました。さらには、私の専門分野がカーチェイスに特化したアクションということで、私がこれまで培ってきた知識や経験を存分に活かせるようサポートしてくれるばかりか、自らも私や他のスタッフから学ぼうといった実に謙虚で前向きな姿勢で、つくづく感心させられましたよ。明確なヴィジョンがありながらも、オープンに周りの意見に耳を貸し、取り入れようとするという意味で、本当に素晴らしい監督です。

釜山ロケにあたっては、撮入前に彼と何度も現地に足を運びました。「ここを使ってこんな風に撮ろう」とか色々なパターンを想定して本国アメリカに戻ったはいいが、その後、何らかの理由でやはりこれは無理そうだ、ということになって、また釜山に飛んでは代案を考える、といった繰り返しでしたね。何度行ったり来たりしたか分からないくらいですよ(笑)。そうやってあれこれアイデアを練るのは、創造性が刺激される楽しいプロセスでしたけどね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。